トップ >  ニュース >  東京新聞を面白いという人が増えている

東京新聞を面白いという人が増えている

 「新聞がおもしろくない」という意見を多く聞くのだが、「東京新聞はおもしろい」という声も同時に聞く。一部のことだろうとも思っていたが、そうでもなかった。

 先日、河野太郎衆院議員が自身のブログで「僕のまわりで東京新聞に替えたという人が、国会議員を含めて結構いる」と書いていたのだ。

 特に調査報道を担当する特報面が読み応えがある。少し反原発色の傾向が強いものの、記者の取材の跡が見えてくるかのような紙面は評価が高い。

 東京新聞は中日新聞グループ。マスコミ界では、柔軟な人事異動でやりたい仕事をさせてくれる、と会社に愛着を持っている記者も多い。とかく、厳しい軍隊のような職場が多い中で、そうした自由な空気が、良い紙面づくりを生んでいるという声もある。

 「小さな失敗をガミガミとうるさくいう厳しい上司の下で働いていて、その上司を大嫌いでした。後に自分が希望の部署に行けたのですが、実はその上司が何度も頭を下げて頼んでくれていたことを後で知りました」(40代男性記者)という人情話も。

 また、ある全国紙では、名古屋に赴任した記者がよく中日グループにスカウトされてそのまま帰ってこないケースもあるそうだ。
 
 他社から移った30代記者は「上からこうしろ、という命令は、前の会社ほどありません。やりやすいので、かえっていい仕事ができる気がします」と話す。

 同社の媒体資料によると、朝刊は55万5278部、夕刊は25万552部となっている。各社が部数を減らしていく中で各社とも厳しい戦いを強いられているが、東京新聞の調査報道を充実させた紙面づくりは、一つの将来像を示しているようだ。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (3)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする