トップ >  メイク・マネー >  究極の節税法「パーマネントトラベラー」(4)

究極の節税法「パーマネントトラベラー」(4)

タックス・ヘイブン監視強化も怖くない

 PTは海外で生活を送るために、資金を日本から海外に送る必要が出てくる。ただし、海外送金も制度が変わって、以前ほどは容易ではないようだ。

 木村氏は「確かに、平成21年4月1日より、海外送金の金融機関の税務署への報告基準が200万円から100万円へと引き下げられました。しかし、これを持って海外に財産を移すことを禁止しているわけではありません。資金とともに人も国外に移れば色々なライフスタイルはあると思われます」という。

 またOECD諸国が、タックス・ヘイブンに対して監視の目をさらに光らせることで、国際的な共同歩調を取り始めた。

 「OECDが再び有害なタックス・ヘイブン国のリストを作成したり、オバマ政権がタックス・ヘイブン乱用防止法(Stop Tax Haven Abuse Act)の制定を検討しているように、世界的に、先進国の居住者がタックス・ヘイブンを利用して脱税する行為を徹底的に取り締まろうという風潮になっています。日本もスイスとの租税条約改定や、香港、マカオ、モナコとの租税条約締結を検討し始めており、日本居住者の海外を利用した脱税の取り締まり強化を打ち出しています。しかし、PTは当該国の居住者ではない非居住者の身分ですので脱税にはなりません。つまり、これらの取り締まりの対象外ということになります。租税回避地の風当たりが強くなればなるほど、日本人のタックス・ヘイブンの利用は益々PTでなければ難しくなっていくでしょう。きちっと法令を守ってPTをやれば、世界的な脱税摘発の動きに対しても問題はないと思います」

 OECDの方針は、あくまで不正な行為に対してのもので、まっとうな人に対してその矛先が向けられるというものではない。あなた自身は、あくまで法令を守ってまっとうにPT生活を送っていれば、何の問題もないということだ。

 では、最後にPTの社会貢献を紹介する。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする