トップ >  メイク・マネー >  究極の節税法「パーマネントトラベラー」(4)

究極の節税法「パーマネントトラベラー」(4)

PTを止めるのも自由

 もちろん、6つ目のフラッグが日本でもまったく構わない。ただし、あなたがPTとして世界を飛び回った自身の経験から、より最適な場所が見つかるかもしれない。なにしろ自身のお金なのだから、焦らず納得いくまで考えて結論を出せばよいだろう。

 木村氏は「私は前述の通り、発展途上国の研究をしていたこともあり数多くの途上国を訪れ現場を見てきました。そこで感じたのが日本からの援助を切望する国が多いことでした。そこで、PTとしてただ自分中心の金の亡者になるのではなく、うまく節税したものを発展途上国に還元することもしなければならないと思ったのです。それで、私自身の独自の理論として5+1のフラッグ理論(Five plus One Flags Theory)としたわけです。無駄な天下り法人や道路や橋、ダム建設に使われるのならば、その分節税をして、発展途上国の食料や医療分野に寄付すればいいと思ったのです」と続けて説明した。

 PTをシリーズで展開してきたが、節税メリットなど良いこともあれば、一方で悪いこともある。また、法律面でも意外と窮屈な点もあるかもしれない。ただし、PTの良さは、どこかの国の居住者にならずに自由に世界を股にかける旅行者であり続けること。もちろん、一度やってみて自分に合わなければ、やめてまた日本に帰ればいい。それがPTなのだから。(終わり)

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする