トップ >  ニュース >  【悪役になったアノ夏2】“ハラ切り監督”最後の夏

【悪役になったアノ夏2】“ハラ切り監督”最後の夏

21世紀枠に負けるのはみんな嫌だった

 「末代までの恥」

 そう語ったのは、昨年の選抜高校野球で、21世紀枠で出場の向陽(和歌山)に1-2で敗れた開星の野々村直道監督。お立ち台の上では重苦しいまでの沈黙が続いたようで、ようやく絞り出したのが、こうした言葉だったそうだ。

 「21世紀枠」とは01年から始まり、他校の模範となる行いをした学校が高野連、主催者などから協議して選ばれている。当初は2校だったが、08年からは3校に増えた。進学校などが選ばれているケースも多い。

 実は異論の声も、現場からは出ていた。毎日新聞のある中堅記者は「野球以外で目立った学校もあった方がネタになりやすい。それに販売上の戦略もあるだろうし…」と本音を吐露した。

 高校野球の日本一を決める場に「キャラ枠」。もちろん、大会は興行として成り立たなければやってはいけない。そうした面を考えることは、当欄ではあえて否定はしない。

 それでも、やっている現場にとっては、負けたくはないという思いは強いということだ。
各校の監督の中でも、反対意見もあるという。野々村監督の口から出た言葉は、紛れもなく本音だった。それで、野球部監督を辞任することになってしまったのだ。

 しかし、この監督。他の監督とは一味もふた味も違う人間性を持っていたのだった。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする