トップ >  ニュース >  面接を無断でSNS実況中継も「架空でした」と前代未聞の謝罪

面接を無断でSNS実況中継も「架空でした」と前代未聞の謝罪

 ネットマイルは10日、採用面接の様子を担当者がグーグル+で実況中継したとして、「弊社社員が採用面接に関する不適切な書き込みをSNSで行いましたことを、心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。ただ、同社は事実を架空のものだと結論づける前代未聞の発表となった。

 同社は「弊社社員の言動に、多くの方々が不愉快な思いをなさったことと存じます。また、弊社にご応募くださった皆様におかれましては、弊社の個人情報の取扱について不安を抱かれたこととお察しいたします。誠に申し訳ございません」とした。

 ただ、同社の説明では、社内調査の結果、SNSに書き込まれた面接の実況は架空のものだと結論。該当する社員は人事部門には属しておらず、これまで一度も面接を行ったことはないという。

 時系列は次のとおり。

◆8月9日 16時~17時ごろ、管理本部所属経理担当の男性社員(27才)が、SNSのGoogle+において、自らを弊社の「採用担当者」を装い、実際には存在していない「30歳の専門学校生」を面接しているという、虚偽の「面接の実況中継」を実施。
◆21時20分頃から「2ちゃんねる」などで話題となり、24時までにクレームのメール約50通が届く。
◆23時 社内で対応策を検討開始。男性社員が、Google+で虚偽の書き込みを行っていたことが判明。
◆23時8分 すでに帰宅していた社員に対し、直属の上司が電話。社員が虚偽の書き込みを行ったことを認めた。社員は「SNSでの私的な発言が、これほど話題になるとは考えていなかった」。
◆8月10日 0時20分、社員がGoogle+のアカウントを抹消し、虚偽の「面接の実況中継」の書き込みを削除。
◆4時15分 サイトへの「お詫び」掲載作業を完了。
◆4時55分 採用専用ツイッター公式アカウントで「お詫び」を掲載。
◆9時20分 内定者、面接予定者に事情説明を開始。
◆9時30分 取引先に事情説明を開始。

 また、実況のやりとりは「池田達成」という面接担当者が、専門学校生(30歳)を面接。

 池田「30歳の年齢で専門学校を今度卒業に来る人が新卒の面接に来た…どうしよう」

 池田「あと5分したら面接してあげないとw うっ自分より年下の人を新卒扱いで対応するなんて ノートでG+で実況するか」

 池田「自己紹介中だけど慣れてるから笑わない」

 専門「ぼっぼくは・・○○専門学校からきた、○田 慎んん吾です」

 池田「噛みまくりだよ そして声が小さいよ」

 池田「なんで社会人をやって、また電子系の専門学校へ入学したのですか?と質問中」

 専門「えっと、昔は営業をやらせていぃたぁだいたのですが、体を壊しちゃって、僕には合ってないなぁと思い、IT系に行きたいと思って学校にはいりました」

 池田「文章が噛みまくっているがまじだぜ」

 などというようなやりとりがSNS上で流されていた。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする