トップ >  メイク・マネー >  経済産業省の役人の頭の中(上)

経済産業省の役人の頭の中(上)

天下り先を死守することは至上命題

 トップ3人が一度に更迭されるという非常事態であっても、結局は何も変わらないようだ。今後の原発行政はどうなるのか。国民も財界もわかりかねているのではないか。官僚たちの頭の中は?

古賀氏)
 官僚は信じ込んでいます。原発なしでは産業に大きな影響を与えて、企業がどんどん外に出て雇用が減っていく、と。だから、原発を稼働させるのは国民のためだと信じ込んでいる、とわたしには見えます。もはや、中立の目で見えなくなっているんです。

 役人の生活の仕組みは今の法律や制度を前提に、そこに予算や独立行政法人、公益法人や団体をぶら下げて天下りのポストをたくさん作って、キャリアは70歳くらいまで生活は保障されます。

 しかも原発となると規模が大きく、制度を根本から変えると、生活保障の仕組みが一回なくなるということです。彼らはそういう事態を想定して、保健をかけた議論もしていますが、そこまでリスクの高いこと(脱原発など)には、本能的な拒否感は持っていると思います。自分たちの生活がなくなる恐怖感というものがありますからね。

 未曾有の事態が生じた時に、ゼロから考えていかなくてはならないのですが、初めてのことをやるのは責任を伴うので、役人はそれを嫌います。前例踏襲主義なので、過去の人にも責任が及んできますし。

 生活保障という面と、役人の習性という構造的な問題があると思います。経済産業省の役人の頭の中(下)



 後記)経産省は霞が関の中では比較的、改革派がいると言われている。古賀氏のもとにも話をしに来る若手は多いのだという。ただし、生活の保障ということを考えれば人間だれしも弱い。多くの政治家が唱えては実現できなかった公務員制度改革が必要なことは言うまでもないが、それをやらずして、前進はなさそうだ。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする