トップ >  メイク・マネー >  経済産業省の役人の頭の中(上)

経済産業省の役人の頭の中(上)

 東京電力・福島第一原発の事故が発生して以来、多くの国民が政府、経済産業省や、東京電力の対応について不信感を抱くようになった。その中心にいるのが経産省。政府、東電とは違い報道の量が少なく、役人の本音を知る機会を与えられることがない。同省の現役キャリア官僚で大臣官房付の古賀茂明氏が、東京都内で開かれた自由報道協会主催の記者会見で、役人の本音を語った。

トップ3人交代の意味


古賀茂明氏(東京都内)
古賀茂明氏(東京都内)
 事務次官、資源エネルギー庁長官、原子力安全・保安院院長が揃って退任することになった経済産業省。福島第一原発の事故から一連の不祥事の責任を取ってということになるのだが、トップ3の同時更迭というのは、まさしく異例のことになった。古賀茂明氏がまずは、この人事の本当の意味について語った。

古賀氏)
 本来なら人事も大臣がちゃんとした評価をするのですが、例えば菅(直人)総理が脱原発の政策を打ち出したとします。そうすると、脱原発の人を引き上げてきます。ただ、今回の経産省の人事が不思議なんですけど、辞める大臣(海江田経産相)が、次の人事を決めるというのは政治主導ではあり得ないこと。これは要するに役人が決めた人事です。

 例えば監督が辞めるとして、次の監督がまだわかりませんという時に、(辞める)監督が「次のメンバーはこの選手です」と決めるのと同じことなのです。

 つまり、大臣が誰であってもメンバーは決まっているんですよ。この政策をやると決めたら、この布陣がいいということを大臣が決めていかなくてはいけないと思います。

 役所の人事というものは仲間内の評価(天下り先を増やすなど)になっていて、普通の組織ではそうはなりません。企業では競争力がなくなっていくので、さすがに自浄作用が働きますが、役所は潰れることがないので、それができないのです。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする