トップ >  メイク・マネー >  経済産業省の役人の頭の中(下)

経済産業省の役人の頭の中(下)

原発推進派も今は「推進」と言えないだけ

 再生エネルギー法案は通過の見通しだが、この運用についての議論はほとんど進んでいない。発送電の分離も進めずに、さらには、長期的な展望もなく「買い取り」を決めるだけ。不安いっぱいの運用となりそうだが…。

古賀氏)
 発電とは長期にわたるものなので、長期的に安定したスキームであるかどうかが重要です。経産省は本気か? とよく言われますが、わたしも疑問です。

 原発は今でこそ、波風が高いので推進ということは自民党でも声をあげて言いませんが、また、そっちの方向に行くだろうなと思います。そうなると、再生可能エネルギーは二次的、三次的な存在にすぎないとなって(元に)戻ってしまうのかな、とひじょうに心配になってきます。

 買い取りを決めるだけでなく、全体の電力市場を長期的にどうするか、絵を早く示さないと。原発は何年で廃炉にするとか、そこを再生可能エネルギーで埋めるしかないと決めればメッセ-ジになります。
 
 しかし、そこがフラフラしていて、どうせ原発に行くんだろうなと、買い取ると言っただけでは、長期的には保たなくて電気料金が上がるという脅しで、不安をたくさん残したままやるのは、推進という意味では足りないと思います。

 今、混乱期なので、そんな先の大きなことを言うべきではないという意見もありますが、早く議論して大きな方向性を決めるべきだと思います。経済産業省の役人の頭の中(上)



 後記)今後の事故にも適用できそうな賠償スキームを作り、そして発送電分離などをしないまま、再生エネルギーを推進するという矛盾。やはり、電力会社が企業にとっては最大の「お客様」という存在であるかぎり、今後も今の構造はほとんど変わらないのだろう。電力会社はこうして守られていく?

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする