トップ >  メイク・マネー >  経済産業省の役人の頭の中(下)

経済産業省の役人の頭の中(下)

 原子力損害賠償支援機構法が成立し、東京電力の福島第一原発事故の賠償はより具体的に進んでいくことになるが、この法律は東電救済が前提とも言われる。また、再生エネルギー法案も参院を通過する見込みだが、2つの法律の運用はどうなっていくのか。経済産業省の現役キャリア官僚で大臣官房付の古賀茂明氏が先日、自由報道協会主催の記者会見で、役人の立場から本音を語った。(内容は一部省略)

「政府はウソを言い続けている」


東電本社
東電本社
 賠償支援機構からのお金は計算上では利益に計上されるために、東電の西澤俊夫社長は「債務超過に陥ることはない」とした。もちろん返済すべきお金だけに、制度運用はなし崩し的ではなく厳密にやってもらいたいところだが…。

古賀茂明氏)
 基本構造として大きな問題があると思っています。最大の問題は、この事故だけではなく、今後の事故にも適用する前提で作られています。そうすると、今後、原発の事故を起こしても絶対に(電力会社を)潰さないという政策の宣言になっているのです。これは究極のモラルハザードの法案だと理解しています。

 原発事故を起こすという事はとんでもないことなので、事故を起こしたら、会社がつぶれるという前提で事業をやってもらわないと困るのですが、賠償のために生かし続けますという仕組みです。

 結局、いずれにせよこのままいくと東電だけではなく、すべての賠償に適用されます。 廃炉だとか様々な費用負担をすることが難しくなって、どうしても足りない部分が、電気料金、国民負担になってくる。それはやむを得ないでしょう。むしろ、政府はウソを言い続けるのはマズいと思います。

 負担があることを前提として、大事なことは(国民負担を)最小限に抑えることです。では、どうやって最少化しますか。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする