トップ >  YUCASEE コラムニスト >  世界一周豪華客船の船医の一日 >  世界一周豪華客船の船医の一日(2)

世界一周豪華客船の船医の一日(2)

ゆういち
ゆういち
長年有名観光地の病院で内科医として勤務、その後は鉄道会社、ホテルの診療所長を経て、上場企業、健保組合の医療顧問、健康・旅行エッセイストとして活動しています。旅での健康トラブルは旅を台無しにします。私自身も病弱で持病のある人や障害を持った人にも旅を楽しんで貰いたいと思い、旅人の診療に長年従事した経験を基に旅行医学の視点から、旅先での健康情報をお伝えします。

 船旅に慣れた方は、別として、初めて長期のクルーズに挑戦する方は、日本船をお勧めします。外国語が堪能でも、体調不良の状況を外国人の医療スタッフに伝えことは難しいため、日本人の医師が船医の日本船の方がなにかと、融通が利くことが多いからです。

 ワールドクルーズクラスの客船には、クリニックがあり複数の医師と看護師が交代で勤務しています。



 待合室や、処置室・レントゲン室・人工呼吸器・心電図といった、普通のクリニックに負けない程度の設備が備えられています。また簡単ではありますが、血液検査や尿検査も出来るようになっています。旅行中に肺がんや、大腸がんが見つかったケースもあります。点滴や簡単な怪我の手当や、投薬も可能な体制になっていますが、歯科医療や、大がかりな手術は出来ないと考えてください。

 大きな声では、言えませんが、霊安室も備えられています。

 診察室はクリニックであり、船内で対応出来ないケースもあります。緊急性の高い時には、航路を変えたり、ヘリコプターを使って最寄りの港の病院に搬送することもあります。

 100日程度の長期クルーズになると、体調を崩すことは、珍しいことではありません。
私の関係するワールドクルーズでは、乗船客の30%~60%、平均すると50%程度の乗客が1航海で、診療所を利用しています。

 患者さんの年齢は、70代が一番多く、年齢と共に受診率は下がる傾向になります。船医は乗客だけではなく、乗組員の診療も担当します。

 特に衛生状況の悪い寄港地に寄った後、寄港地が多くなった時、つまり東南アジアや、中近東辺り、観光名所の多いヨーロッパの後半戦や、海が荒れると患者さんが増え、忙しくなります。

 次回はクルーズ中に多い病気や怪我についてお話したいと思います。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする