トップ >  メイク・マネー >  日本一アクセスの多いBermuda氏のヒットブログの作り方

日本一アクセスの多いBermuda氏のヒットブログの作り方

ノンフィクションだけじゃ続かない

 まずBermuda氏は巧妙だと言える点は、自分の意見をストレートに反映させずに、少しパロディー化した登場人物が動くドラマ仕立てになっているところだ。医療界、ひいては産科の厳しい現状をメッセージとして伝えるにしても、その方が食わず嫌いにならずに、読者は入り込みやすい。
 
 「ノンフィクションだけでは、逆にウソくさい感じがします。例えば妊婦の胎盤が剥がれることがあります。これは、1%に満たない確率ですが、元気な妊婦でも突然起こりうるのです。栄養がもらえなくなったお腹の中の子供は亡くなったり、脳性まひになったりします。これは医師同士であれば通じる話でも、知らない人に突然言っても受け入れられないでしょう。だから、登場人物に語らせたり、ピークまでフィクションで持っていったりしています」

 たとえば昨年5月30日の「ガラスのエース」を例に取ってみる。三杉先生(「キャプテン翼」の優秀ながらも心臓に持病を持つ選手がモチーフ?)は腕、人格ともに優れているために人望も厚いが、心臓に既往症がある。それなのに月に8日の宿直勤務をこなしているという設定だ。

 その様子を「このまえもさ 俺の当直が終わって あー、早く帰って仮眠とろうって思ってたら 申し送り中に三杉先生が『うっ』とか言い出してさ。(中略)帰れるわけないじゃん!!」とつづっている。

 産婦人科の現場では医師不足から、病気を持つ医師も自らの体を省みずに働くしかない現状を描いている。しかし、フィクションを交えることによって、嫌悪感がなく感情移入して、その上で医療の世界の問題を自然と考えてしまう。「医師を増やせ、と直接言うよりも、こんな風に他の第三者が語っている方が分かりやすいし、受け入れやすいと思うんですよね」とBermuda氏は説明した。

 ブログとは日記であると同時に、ストーリーテラーとして力量も必要とされる、ということだ。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする