トップ >  クオリティライフ >  「hulu」が日本を最初に選んだ理由

「hulu」が日本を最初に選んだ理由

 米国で最も人気の高いオンライン映像配信サービス「hulu(フールー)」が、日本でサービスを開始することになった。熾烈な争いが行われている米国で10カ月で有料会員100万人以上を集めるなど急成長。海外初進出が日本となるが、進出の狙いとは何か。

日本進出理由は3つ

 月額1480円でハリウッド映画などが見放題。さらに日本語のコンテンツも加えていき、日本に即したサービスにしていくという。9月1日に東京都内で会見した、「Hulu」の ジェイソン・カイラー最高経営責任者(CEO)は、日本進出の理由を3つ述べた。

1日本の消費者からサービス展開をして欲しいという希望があった
2日本市場の規模が大きい
3日本のインターネット環境は成熟している

 3つの理由を見る限り、大きなリスクを取ることなく事業をスタートできるという点で、やはり日本という選択肢は正しいと言うことができる。


ジェイソン・カーラーCEO
フールーのジェイソン・カーラーCEO
 ただし、月額1480円は数百円でサービスを提供する米国よりもかなり高い。これは、日本では広告収入なしの有料モデルだけの展開ということが理由だという。カイラーCEOは言及しなかったが、将来的には広告モデルも採用し、価格値下げという可能性もないではないだろう。

 FOX、ワーナーブラザーズ、ウォルトディズニーカンパニーなどの資本も入っており、視聴可能な映画、ドラマは相当な数に及ぶ。ただ、日本で展開していく以上は、日本語のコンテンツの充実が差し迫った課題だ。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする