トップ >  クオリティライフ >  中国長者番付に同じ会社から7人ランクイン

中国長者番付に同じ会社から7人ランクイン

 中国で、このほど2つの長者番付が発表された。中国の民間調査機関・胡潤(フージワーフ)研究院と米経済誌「フォーブス」によるもので、大手重機メーカー「三一集団」の梁穏根(りょう おんね)氏がいずれもトップに立った。総資産はフォーブスによると93億ドル(約7220億円)、フージワーフでは700億元(約8481億円)と発表された。

福島第一原発でも活躍の会社から7人も


梁穏根(りょう おんね
梁穏根(りょう おんね)氏(フォーブスより)
 梁氏は湖南省の農家出身、もともと政府の兵器工場で働いていたが、1986年に仲間と共に起業し三一集団を設立した。三一集団はインフラ整備やビル建設に使う大型建設機械を扱う中国有数の企業グループに成長。中国の建設ラッシュの波にのって業績を急速に伸ばし、昨年の企業純利益は180%増加、現在は香港市場への上場を目指している。

 この三一集団は、東日本大震災後、福島第一原発の冷却作業の為、1億円近いポンプを無償提供したことでも知られる。

 フォーブスのランキングには、この三一集団から他にも7人がランクインし、最も多くの富豪を生み出した企業となった。フォーブス・シニアエディターの範魯賢(はん ろけん)氏は「富豪ランキング上位400人の中に、1つの企業から7人もランクインしたのは、中国富豪ランキングを作成して以来、初めてのことだ」と驚きを隠さない。

 この三一集団には、「朝食会」という習慣があることが知られている。これは、一日のうちで一番仕事に向いている時間帯は“朝”という考えのものと、梁会長と各幹部が朝食を取りながら、会社の方針について話し合いを行っているのだ。幹部たちは皆額に汗しながら、様々な議題について質疑応答を繰り返し、梁会長の話さえ、途中で遮られることもあるという。こうした毎朝の真剣な話し合いが、三一集団の急成長を支えているのは間違いないだろう。

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする