トップ >  メイク・マネー >  私はこうして「青山霊園」の抽選に当たった(下)

私はこうして「青山霊園」の抽選に当たった(下)

 富裕層の「終活」、それは相続とお墓。日本国内においてブランド墓地、特に東京都立「青山霊園」の権利を獲得するには20倍前後の抽選に当たらなければならない。前回は供給状況や「受験生」の動向など周辺を探ったが、今回は実際に7回目のチャレンジでようやく当選したという元投資銀行勤務の50代男性に体験談を聞いた。

7度目のチャレンジで当選

 「1回参加しなかっただけで、あとは全部申し込みました」

 ほぼ毎年20倍前後の高い競争率ということはわかっていただけに、1回でスンナリ当選するとはこちらも思っていなかった。03年~10年まで1回をのぞいて、毎年チャレンジを続け、昨年ようやく当選を手にした、という東京都内の元投資銀行勤務の男性(50歳代)に話を聞くことができた。

 まず男性には、「埋蔵施設 使用許可証」という青山霊園の使用を許可する東京都知事の公印が入った証書を見せてもらった。当選者はすべての手続きを終えると、この証書を授与される。
青山霊園 埋葬使用許可証
東京都立青山霊園の埋葬使用許可証


 男性は「霊園の位置までは自分で選べないので、気に入らない場所が当たったら、実は再チャレンジしようと思っていました」と意外な事を話した。

 当たるだけでもたいへんなのだが、場所までは選べないというのが、青山霊園の抽選の難しい点。約26万平方メートルもある広大な敷地の上に、飛び地まである。しかし、幸いにして好位置が当たっただけに、手続きを進め、現在は墓を建て終えたのだそうだ。ちなみに3年以内にお墓を建設しないと、権利は自動的に失効する。

 今回は、実際に青山霊園に抽選に当選し権利を得た男性の話を聞き、青山にお墓を建てることの意味について考えていきたい。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする