トップ >  クオリティライフ >  ハリウッド・ドリームの先にあったもの ― 田村英里子さんインタビュー

ハリウッド・ドリームの先にあったもの ― 田村英里子さんインタビュー

日本とアメリカの芸能界の違いとは?

―日本の芸能界にいた頃を振り返ってみて、今どう思いますか?
田村:「日本は、世界でも他にないくらい素晴らしい国だと思っていますし、日本が大好きです。今アメリカで1つの大きな夢を叶えて思うのは、私にとって、子供の頃からの夢が、これで2つ叶ったということです。‘日本の芸能界で活躍すること’も夢の1つでした。日本を離れてみて、初めて見えてきたこともあります。今思えばですけれど、私にとっては本当に大きな達成です。」

―日本とアメリカの芸能界の違いはどんなところでしょうか?
田村:「日本のように事務所に所属するという考え方がなく、俳優はエージェントと契約します。主導権は俳優にあるので、自分のストレスがたまらない仕事を選んだり、気が進まない仕事は断ることができます。事務所に所属していればやりたくない仕事も断れないことがありますが、アメリカでは『気が進まない』という理由だけで充分なんですね。スタッフたちもそれがスタンダードだと思っているので、俳優が仕事上の条件で我慢しなくても、誰も文句を言いません。それは日本との大きな違いだと思います。また、自分でやりたい仕事を選べるので、日本ではやることが難しい仕事にもチャレンジできます。そういう仕事のやり方は、今の私にはストレスがたまらなくて、合っている気がしますね。」

―世間は不況の真っ只中ですが、ハリウッドにいても不況を感じますか?
田村:「うーん、私はあまり感じないですね。作品の作られる本数はもしかしたら減っているのかもしれないですが、私自身はハリウッドにいて不況のネガティブな雰囲気を感じることはないです。アメリカは日本の芸能界と違って、一度有名になったからといって仕事のオファーがどんどん来るというわけではありません。自分から積極的に動いて、監督やプロデューサーたちとよく話し合って、一緒に仕事をしたい人達や、出演したい作品、また自分の方向性を見つけていく必要があります。アメリカは競争社会なので、そういう意味では日本の芸能界よりも厳しいところだと思います。」

ハリウッド
ロサンゼルス、ハリウッドの夜に浮かび上がるビル群

夢を1つ叶えたとしても、次々に夢は生まれる

―2つの夢を叶えた田村さんですが、今後の夢どんなことですか?
田村:「今まで仕事ばかりだったので、プライベートでの夢として、家族を作ることでしょうか。家族を作って、さらに人生を充実させていきたいです。今はゆっくりと自分のペースで仕事ができていて、精神的にも安定しているし、とても快適です。今あるものに感謝しながらこれからも歩いていきたいです。人は夢が叶ったら、また次の夢や目標に向かって進んでいくと思います。そうして成長していくものですから……。」

―最後に、海外で成功するために必要なことは何だと思いますか?
田村:「自分を信じる気持ち、です。気持ちを持ち続けることが一番大事だと思います。時間はかかるかもしれないけれど、自分を疑わないこと。そうなっている自分を常に思い描くこと。いろんな人がマイナスなことを言ってきても、気にしないで、前だけ向いて生きていけばいい。好きなことをしているのだから、私は落ち込むことはあっても、特別苦労しているとか、大変だとは思いませんでした。それに、いつも周囲の人たちが支えてくれて、励ましてくれたことも大きいですね。海外で挑戦して、もし失敗したとしても、死ぬことはないのですから。そのくらいの気持ちで挑戦していけば、未来はきっと開いていくと思います。」

 7年間という月日を、「自分を信じ抜く」ことで乗り越えてきた田村さん。ハリウッド女優というと手の届かない存在のようですが、そんなことを微塵も感じさせない、フランクで自然体な雰囲気が印象に残りました。
 自分を信じること、強く願い続けること、考え過ぎないで行動すること、そしてあきらめないこと。単純だからこそ実行が難しい、しかし成功者には必要不可欠な要素を、彼女もまた内包していました。そして、「何かを始めるのに、遅すぎることはない」のだという事実。彼女の劇的な人生は、もっと夢に素直に生きてもいいのだと、私たちに教えてくれているのかもしれません。

ハリウッド

田村英里子(たむら・えりこ)
8年前から活動の拠点をアメリカ・ロサンゼルスに移す。全米テレビシリーズ『ヒーローズ』に、日本人女優として初のヒロインに抜擢され話題となる。2009年には全世界で公開した20世紀フォックス映画『ドラゴンボール・エボリューション』にも立て続けに出演。現在はアメリカ全土でオンエア中の米人気ドラマ『リーパー』に主人公のヒロインとして出演中。初の著書『ハリウッド・ドリーム』(文藝春秋)も好評発売中。

ハリウッド
『ハリウッド・ドリーム』
著:田村英里子
発行:文藝春秋
突然の単身渡米から9年―。日本の芸能界で活動していた著者が、いまや、ハリウッドで最も注目される日本人女優に! だが、その陰には、誰も知らない孤独な闘いがあった。アメリカで活躍するまでの日々を赤裸々に綴る。




◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする