トップ >  メイク・マネー >  名門女子大生の卵子ビジネスのエグい実態

名門女子大生の卵子ビジネスのエグい実態

 中国では、卵子の売買は禁止されている。ところが今、女子大生をターゲットにした“卵子ビジネス”がひっそりと流行しているという。しかも、出身大学が名門であればある程人気が高く報酬も多いといい、流行するのも無理はないか。

有名女子大は卵子ビジネスではブランド

 有名大学でない場合は5000元(約6万円)、それなりの知名度がある北京師範大学で2万元(約24万円)、中国屈指の名門校・北京大学や清華大学に至っては、3万元(約36万円)と高額な値段で取引されている。学生が閲覧するサイトや大学構内には、卵子提供者を求める広告があちこちに張られているという。

 “陽光代孕公司”はこうしたビジネスを行っている仲介業者の1つだ。女子大生は、こうした会社のサイトからそれぞれ、出身大学や血液型などを登録する。利用者とのマッチングは対面式で行われる。この仲介業者では、毎週土曜日に面談を行っていて、毎回利用客は10人あまり、提供者は20人以上集まるのだという。利用者は毎回300元(約3600円)の活動費を支払わなくてはならない。


女子大生
(写真はイメージ)
 卵子利用者は皆40歳以上で、中には50歳を過ぎた人もいる。面談は、利用者と提供者が直接会話することはなく、すべて仲介業者を介して行われる。

 利用者が求める条件は様々だ。ある客は、有名大学出身で、色白、二重まぶたの女性を希望し、ある客は夫婦ともに一重まぶたなので、一重の女性を求める。その他、血液型、出身地など、それぞれ自分の条件に合った女子学生を選ぶのだ。

 卵子提供が決まると、血液検査やエコーといった身体検査の後、排卵を促すためのホルモン注射が行われる。

 今年20歳になる李青(仮名)さんも、卵子提供を行った一人。卵子提供したことを“後悔していない”と話す。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする