トップ >  ニュース >  オリンパス元社長が元専務に送った秘密メール

オリンパス元社長が元専務に送った秘密メール

 元オリンパス専務の宮田耕治氏が18日に、ニコニコ動画に生出演し、解職されたマイケル・ウッドフォード元社長から、問題となった英文のカバーレターの和訳を頼まれていたことを明らかにした。同社の取締役会が英語がわからないのが理由で、その時点では内容が損失隠しについてということまではわからなかったそうだ。

 9月20~25日くらいに、ウッドフォード氏から宮崎氏のところに、メールが来たという。「これだけ和訳してほしい」とカバーレターが来たそうだ。それまでにも、英語で送っていたそうだが、日本人役員が読めないということで、宮崎氏に依頼してきたようだ。

 宮崎氏は今回の騒動のきっかけとなった月刊誌FACTAの記事も読んだが、「これは内部告発だな、おかしい」と思ったそうだが、ウッドフォード氏が10月1日にCEOに就任したために、「解決したのかな」と考えたそうだ。

 しかし、その2週間後の10月14日に解任。「独断専行でTOPがクビになる会社ってないな。やはり何かおかしいな」と改めて感じたそうだ。

 日本にいないという理由が挙げられていたが、IRはこれまで菊川剛元会長が担当していたのだが、菊川氏も日本にいないことは多かったそうだ。

 宮田氏は現在「オリンパス グラスルーツ」というサイトを立ち上げて呼びかけを行っているが、その動きは多くの現役社員らの賛同を得ている。

 「従業員、高山社長やボードメンバーに訴えている。また、ウッドフォードは彼もオリンパスマン。自浄作用を彼がやってくれたら」と語った。

 ただ、自身も専務という立場ながら、こうなるまで分からなかったことについては悔やんでおり、東京・八王子の内視鏡部門(事業分社化)にいたことで、買収案件などについては、ついつい疎くなっていたことが原因だという。

 その上で「日本に完全にきれいだと言い切れる会社がどれくらいあるか。オリンパスはこの騒動を解決したらひじょうにきれいな会社になる」と、元のオリンパスに戻ることを熱望していた。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (3)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする