トップ >  YUCASEE コラムニスト >  一点悦楽主義の旅 >  ノブレス・オブリージュの真髄 タイ王室プロジェクト

ノブレス・オブリージュの真髄 タイ王室プロジェクト

さくら
さくら
旅とライフスタイルについての著述・編集をしています。旅先で、文化、食べ物、スパ、アウトドア、ローカル・ショッピングと、ただ高価だからではなく、価値ある魅力やお店を発掘するのが大好き。私にとっては、旅を豊かにしてくれる妙薬のお酒も欠かせません。

 先だってバンコクを訪れた際、年に数回の民間視察ツアーの際にしか入れないというチットラーダ宮殿の中のタイ王室プロジェクトを見学させていただく機会を得ました。かねてより、タイのプミポン国王陛下が若かりし頃よりタイの全土を見て周り、農業をはじめ産業支援をされていたことは存じていました。国王陛下の三種の神器は、カメラと地図と筆記具といわれているほどです。


 しかし、お住まいである王宮の中に、水田、畑、果樹園、酪農場などまで設け、こんなにも本格的な研究や開発がなされ、しかもそれが現実のものになってタイの国に役立っているとは、本当に驚きまた感動の視察でした。

 このなかでは750人もの人が様々なプロジェクトを進行していて、全国の寺院に納める最上級のろうそく作りや果汁100%のジュースから、健康食品として霊芝の栽培やSPIRULINAと呼ばれる淡水微生物(クロレラのような感じ)の養殖、米の栽培、乳業、そして太陽光や風力発電、バイオディーゼルの開発まで、その中身が多岐にわたっているのに驚かされます。




 このバイオディーゼルは、ウィスキー工場の生産過程で出来る糖蜜から作られるバイオ燃料で、まさに環境エネルギー実験場といった感じ。そして乳業も、ただ酪農場があるというだけでなく、ホルスタイン種からタイの気候にあった牛に品種改良するといったことまで行われているのです。そして、ここは国王陛下の住居、日本で言えば皇居の中なわけです。
3588

 私が訪れたときには、洪水被害の大きかったアユタヤへの支援米をここからトラックで送りだしていたのでした。すべてのタイ国民がプミポン国王陛下を敬愛してやまないのもうなづけます。民のために役立つ、ノブレス・オブリージュの真髄を見たように思いました。
3582

(取材協力:タイ国政府観光庁http://www.thailandtravel.or.jp/)

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする