トップ >  ニュース >  24歳白血病の原因を巡って炎上に疑問の声

24歳白血病の原因を巡って炎上に疑問の声

 釣り専門誌「Rod&Reel(ロッドアンドリール)」で連載コラムを持っていた阿部洋人さん(24)が急性リンパ白血病で亡くなり、インターネット上では阿部さんが福島で釣りをしていたことで原発に何らかの原因があるのでは、と28日炎上騒ぎになった。ただ、周辺では疑問の声が上がっている。

 インターネット上には「つり雑誌に連載に持ち、野宿しながら釣った魚を食べて記事にしていた阿部さんが、急性リンパ白血病で亡くなった。福島県の祖父の田舎を釣りで応援すると言って、30キロ圏内で野宿し、池や川で釣った魚を食べていた」と書き込みがなされていた。


阿部洋人さん Rod&Reel
阿部洋人さんの特集を組む「Rod&Reel」1月号
 阿部さんは8月26日に、急性リンパ腫が発覚し入院。9月16日に24歳の若さで帰らぬ人となった。

 さらに、同誌1月号では「青春を竿に賭けて」と題して、阿部さんを5ページに渡ってカラー面で大きく特集されていることも炎上騒ぎを大きくしてしまったようだ。

 ロッド&リール編集部は「隠し事なしに言いますが、本人や周辺も含めて、誰も放射能ということが原因だとは考えていませんでした。私どもはそうしたつもりで取り上げているわけではなく、未来ある若者への弔意のつもりです」とする。

 阿部さんは宮城県在住で、東北を中心に全国各地で釣りをして回った。今年5月には同編集部員とともに福島取材。それでも、編集部員は健康被害は今のところ見られないといい、放射能の影響かどうかまで言及するのは難しいだろう。

 阿部さんを知る小塚拓矢さんは「彼は福島原発の30キロ圏内で野宿をしていませんし、そこで釣った魚を食べたという事実もありません。もちろん、記事にそのような内容はありません。……311以降、このご時勢であるし、様々なことを思う人がいるのは避けられないと思います」などとブログ上で否定している。

 同誌によると、阿部さんの戒名は「清峻竿洋居士」。釣りの連載コラムも前月12月号からスタートしたばかりで、釣りの世界で将来を嘱望されていた。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする