トップ >  ニュース >  年金積立金の利回り1.6%で、目標4.1%を下回る

年金積立金の利回り1.6%で、目標4.1%を下回る

 30日の衆院厚生労働委員会で、厚労省は平成13~22年度の年金積立金の運用の収益率が年率平均1.57%、累積収益額23兆円で、同21年の財政検証で出された利回り年率4.1%を下回っていることを明らかにした。柿沢未途委員(みんなの党)の質問にこたえた。

 国民年金法案の一部を改正する修正案の審議での質疑。21年度の財政検証(厚生年金などの検証)では、平成32年度以降の長期的な賃金上昇率2.5%と設定し、そこから1.6%を上乗せした4.1%を仮定の利回りに設定した。

 柿沢委員が目標4.1%とされていたが、なぜ下回っているのかと理由を質問。

 厚労省の榮畑潤(えばた・じゅん)年金局長は「10年間、日本株が上がらず、外国債、外国株式の為替差損もあった。株価はいい時もあり、そういう長期間の累積の結果」とした。

 また「4.1%は、言わば超長期の100年間の平均で、年金の給付金の額は賃金上昇率をどの程度超えるかが大切」とした。

 柿沢委員は「デフレが続いているので、賃金上昇率が2.5%にも達してしていない。4.1マイナス2.5が1.6で、それに見合う実質運用利回りがあればいいんだ、という答弁。財政検証を基にすれば、144兆円が2030年度に180兆円になっている」と、踏み込んだ。

 また、年金を運用する「年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)」の理事長報酬は年1700万円で、柿沢委員は「民間のファンドマネージャーならあり得ない。結果が良ければ良いで、上げればいいし、成果連動の報酬体系を作ることが改善につながるのではないか」とした。

 対して、藤田一枝・厚生労働大臣政務官は「賞与だが、業績を考慮して増減できるようになっている」とした。

 同法人のポートフォリオは国内債67、国内株、11%、外国債8%、外国株9%となっている。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする