トップ >  メイク・マネー >  「66歳社長定年」のパナソニック、大坪社長の進退は?

「66歳社長定年」のパナソニック、大坪社長の進退は?

大坪社長はそれでも年収1億900万円

 「もっと問題なのは、次の成長戦略がまったく見えないこと」(証券関係者)という声も。会計上、資産となる「繰り延べ税金資産」は、将来に見込める利益があってはじめて計上できる。

 もし利益が見込めないことになれば、来年3月末にも、これを取り崩す必要に迫られる。また、三洋電機の買収に8000億円を投じているが、「三洋の資産の減損処理が必要ではないのか」と、証券アナリストから再三にわたり質問されている。

 赤字の幅は広がる可能性があるわけで、この結果、株価が低迷。12月22日現在、648円となっており、今年1月の1200円台から半分近くにまで落ち込んでいる。

 2011年3月期決算でパナが公表した役員報酬は、中村会長1億2600万円、大坪社長は1億900万円だった。「子会社の三洋電機も含めると1万数千人規模でリストラを進めているのに、高額報酬を取るトップが責任を取らなければ、誰が責任を取るのか。リストラ後に人がついてこない」(パナOB)ともいえる。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする