トップ >  メイク・マネー >  「66歳社長定年」のパナソニック、大坪社長の進退は?

「66歳社長定年」のパナソニック、大坪社長の進退は?

 2012年3月期に4200億円もの巨額赤字を出すパナソニックで、大坪文雄社長の「交代」を求める声が広がっている。大坪氏が決めたテレビ事業の投資が赤字の原因というだけではない。パナでは「創業者の松下幸之助をはじめ、67歳を超えて社長を務めたことがない」(パナ役員OB)からで、来年9月に67歳になる大坪氏には“定年”が迫っているというのだ。社長交代があれば「引責」と言われるのは必至で、続投したら「内規違反」となる大坪氏。果たしてどんな選択をするのだろうか――。

巨額赤字は判断ミス?

 「松下幸之助はかつて、『責任を取るのがトップの務め』と話している。4000億円を超える赤字を計上するのに、トップが責任を取らなければ社員のモラル低下は避けられない」。パナソニックの40代男性社員はこう話す。


大坪文雄社長
パナソニックの大坪文雄社長
 パナでは、中村邦夫社長(現会長)時代の2002年3月期に4310億円もの最終損失を計上しているが、あのときとは状況が異なるという。「中村社長のときは、社長就任直後に膿を出すという決断をした結果で、その後にV字回復を果たした。大坪社長の場合は、自らの判断ミスで赤字を出すことになった」と解説する。

 今回の赤字は、大坪氏の出身部門である「デジタルAVCネットワーク部門」の不振によるもの。2010年度に、4500億円を投じて巨大液晶工場(兵庫県姫路市)とプラズマの尼崎第3工場(同尼崎市)を稼働させている。

 最終決断をしたのが大坪社長だった。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする