トップ >  メイク・マネー >  高学歴化するボクシング世界王者

高学歴化するボクシング世界王者

 昨年の大晦日は、NHK紅白歌合戦の裏番組として、ボクシング世界戦中継が2試合放送されていた。ハングリースポーツの代表格のようなイメージのあるボクシングだが、日本のジムに所属する世界チャンピオンは現在、高学歴化が進んでいるという現象が起きている。

それは古い既成概念に

 まずは、現役の日本ジム所属の世界チャンピオンの顔ぶれを下に並べてみた。8人中5人が大卒(中退)、1人が名門高校出身となっている。これを見れば、大方の人がボクシングへと抱く「ハングリースポーツ」という既成概念は崩れるのではないだろうか。歴代の日本の世界王者は69人、その中で大卒は16人しかいない。そのうち5人が現役なのだ。

WBA・Sフェザー級王者・内山高志(ワタナベ)=拓殖大
WBCミニマム級王者・井岡一翔(井岡)=東京農業大中退
WBAバンタム級王者・亀田興毅(亀田)
WBC・Sフェザー級王者・粟生隆寛(帝拳)=習志野高校
WBCバンタム級王者・山中慎介(帝拳)=専修大
WBAミニマム級王者・八重樫東(大橋)=拓殖大
WBC・Sバンタム級王者・西岡利晃(帝拳)
WBA・Sフライ級王者・清水智信(金子)=東京農業大

 昨年大晦日には、その内山高志選手、井岡一翔選手のそれぞれの試合がテレビ東京、TBSが生中継された。ともに見事なKO勝ちを収めるという結果となった。2人は大学ボクシング界では、「二強」の大学出身者である。

 では、なぜ高学歴化という現象が起きているのだろうか?
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする