トップ >  検索

検索結果: アメックス

アメックスセンチュリオンのラウンジがニューヨークに新オープン

アメックス:アメックスセンチュリオンのラウンジがニューヨークに新オープン

更新日:2018年01月19日

アメリカン・エキスプレスの最上級カード、アメックスセンチュリオン(ブラックカード)。そのカードのステータス同様、アメックスセンチュリオンのラウンジは空港で最もハイクオリティな場所とされている。

続きを読む >>

ダイナース銀座ラウンジが移転

アメックス:ダイナース銀座ラウンジが移転

更新日:2017年12月04日

「富裕層向けカード」と言われるダイナースの顧客サービスとして利用できるダイナースクラブ銀座プレミアムラウンジが移転し、12月5日にオープンする。 移転といってもビルを1つ隣に移るのみで、場所はほぼ変わらない。

続きを読む >>

アメックスプラチナVSダイナースプレミアム、経営者はどちらを持つべきか?

アメックス:アメックスプラチナVSダイナースプレミアム、経営者はどちらを持つべきか?

更新日:2017年08月28日

「アメリカン・エキスプレス(アメックス)のプラチナ」といえば、エグゼクティブなクレジットカードとして人気が高い。双璧を成す人気を誇るのが、「ダイナースのプレミアム」だ。この2つは果たしてどっちが得なのか。企業経営者・病院経営者が読者に多い「ゆかしメディア編集部」では、両方のカードを所持するユーザー複数人に話を聞き、調査した。 話を聞いたのは全員経営者、アメックスはプラチナカード、ダイナースはプレミアムカードを所有している。

続きを読む >>

アメックスセンチュリオン(ブラック)、私はこうして入会した

アメックス:アメックスセンチュリオン(ブラック)、私はこうして入会した

更新日:2017年07月25日

アメックスセンリチュリオン(ブラックカード)はいまだに謎の多い領域で、もしかすると、保有者さえもまだ全貌を知らないのかもしれない。最大の謎の一つに、どうすれば、インビテーションが届くのかというものがある。過去にゆかしメディア読者からも質問が寄せられたことがあるほどだ。今回は、実際にホルダーである40代社長に疑問を解き明かすべく話を聞いた。

続きを読む >>

アメックスプラチナカードは使えるのか? 本当のところ

アメックス:アメックスプラチナカードは使えるのか? 本当のところ

更新日:2017年02月22日

富裕層向けカード、またはハイクラスなビジネスパーソンのステータスとして高いブランド力のある「アメックス(アメリカン・エキスプレス)カード」。 アメックスには主に4種類のカードがある。グリーンのレギュラー、ゴールド、プラチナと、超優良顧客のみが得られるセンチュリオン(ブラックカード)だ。 ゆかしメディアの読者と親和性が最も高いアメックスプラチナカードについて、詳しく説明していく。

続きを読む >>

アメックスプラチナのポイントは得なのか?

アメックス:アメックスプラチナのポイントは得なのか?

更新日:2017年02月21日

プラチナカードを所有している人は、どのくらいいるのだろうか。アメックスはその数を公表していないが、楽天リサーチが2011年に行った「クレジットカードに関する調査」に詳しく表れている。メインカードの保有タイプ別では「一般カード」が87.0%で最も多く、「ゴールドカード」11.3%となる。さらに「プラチナカード以上」となると、1.4%にとどまっている。 アメックスのプラチナカードは、その限られたユーザーのなかのトップの人が使用するカードだ。

続きを読む >>

アメックスが役に立つのは2つのポイント

更新日:2017年02月15日

カード保有者の特典についてはメリットが薄いとされるアメックスだが、その強さはやはり、クレジットカードとしての本来の機能の高さにある。

続きを読む >>

アメックスプラチナカードの特典が役に立たない

アメックス:アメックスプラチナカードの特典が役に立たない

更新日:2017年02月15日

富裕層向けカード、またはハイクラスなビジネスパーソンのステータスとして高いブランド力のある「アメックス(アメリカン・エキスプレス)カード」。 最上級は「センチュリオン」だが、プラチナで何も困らないという人は多い。 プラチナカードの実際を取材した。

続きを読む >>

アメックスセンチュリオン(ブラック)、私はこう使っている

アメックス:アメックスセンチュリオン(ブラック)、私はこう使っている

更新日:2016年11月22日

アメックスの最高クラスカード「アメックスセンチュリオン」通称ブラックカード。 知る人ぞ知るカードで、発行元のアメックスもその存在を公にしていない。日本国内はもとより、世界でも会員数は非公開で、入会条件も、基準も明示されていない。 支払額の上限はなく、家でも戦車でも買えると噂だ。 そのカードを持つことは、大きなステータスとされている。 謎に包まれているアメックスセンチュリオンのホルダーは、どんな人なのか? そしてそのカードをどのように使用しているのか? 実際のホルダーに話を聞いた。

続きを読む >>

やはり海外で強いアメックスカード

アメックス:やはり海外で強いアメックスカード

更新日:2016年09月28日

海外経験の豊富な人物が管理人と思われる、あるブログの記事が話題になった。 海外でのクレジットカード支払いで注意すべきこと。(日本円か現地通貨か聞かれたらどちらを選ぶべきなのか) 詳細は記事に譲るが、タイトルの通り日本円を選択すると、店やブランドの一存で客にしてみれば払う必要のない手数料を得ることができるという話だ。 旅行や出張の際などにしか起こらないことであり、そう細かくチェックする部分でもないため、気にしない人が多いが、実はわかりにくくなっている点だ。 その仕組み自体はカード会社も公表しているが、よほど注意深く見ている、仕組みを理解している人でない限り、見落とすレベルだろう。

続きを読む >>

前澤友作氏がバスキアの絵画62億円で落札 美術館設立目指す

更新日:2016年05月12日

ZOZOTOWN(ゾゾタウン)などを展開するスタートトゥデイの前澤友作社長が、米NYのクリスティーズオークションで現地時間10日夜に、ジャン・ミシェル・バスキアの絵画を5728万5000ドル(約62億円)で落札したことがわかった。落札作品は82年発表の無題で、角が生えた悪魔を描いたもの。バスキア作品ではこれまでで最高額となる。前澤氏は自らの現代アートの美術館設立を考えており、将来的には軸となる作品となりそうで、また一歩夢に近付いたようだ。

続きを読む >>

50億円、慶應幼稚舎、フェラーリ、広尾億ション、モデル妻、アメックスでも「富裕層」になれなかった清原

更新日:2016年02月10日

覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで警視庁に逮捕された、元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)。高校球児の時からカリスマ性を持ち将来を嘱望され、通算本塁打525本という輝かしい成績を残したが「無冠の帝王」で失意のまま球界を去った。生涯で年俸総額50億円以上を稼ぎ、慶應幼稚舎(2人の息子)、広尾の億ション、モデル妻、フェラーリ、アメックスセンチュリオンとあらゆるブランドを手に入れているが、清原容疑者の心を満たすものではなかったようだ。

続きを読む >>

アメックスセンチュリオンで210億円決済は可能

アメックス:アメックスセンチュリオンで210億円決済は可能

更新日:2015年11月24日

アメックスセンチュリオンで210億円の決済は可能。  先日行われたクリスティーズの米NYオークションで、モディリアーニの名画「横たわる裸婦」(Nu Couche)が1億7040万ドル(約210億円)で落札された。落札者である中国のLiu Yiqian氏(刘益谦)がアメックスセンチュリオンでの決済を示唆していることに対して、アメックスの広報担当者が「決済は可能」だとの見解を示している。一般的には、個人の与信上限額はないとも言われてきたが、それもどうやら本当のようだ。

続きを読む >>

モディリアーニ絵画210億円落札、またしてもアメックスセンチュリオン決済か?

アメックス:モディリアーニ絵画210億円落札、またしてもアメックスセンチュリオン決済か?

更新日:2015年11月11日

9日開催の競売大手クリスティーズのNYオークションで、モディリアーニの「横たわる裸婦」(Nu Couche)が1億7040万ドル(約210億円)で落札された。アートのオークション史上では歴代2位の落札額となった。また同時に、歴代の絵画取引の中でも4位に入る。アジアでも屈指のアートコレクターである中国のLiu Yiqian氏(刘益谦)。3600万ドル(約45億円)の陶磁器をアメックスセンチュリオンカードで決済したことでも、過去話題になったアノ人だ。今回も、210億円分をカード決済するのか?

続きを読む >>

アメックスセンチュリオンはカード詐欺被害率約2倍

更新日:2015年03月31日

アメックスセンチュリオンカードなどエリートカードは、プラチナ、ゴールドのカード保有者と比べて、カード詐欺のターゲットにされる可能性が約2倍高いという調査結果が出た。

続きを読む >>

アメックスセンチュリオンの36億円分のポイントの使い道

更新日:2015年03月13日

アメックスセンチュリオン(ブラック)で、3600万ドルで落札した陶磁器を昨年購入した、中国人大富豪Liu Yiqian氏。現在、香港で行われているクリスティーズのオークションの場に12日出席し、そのポイントについて、NYまでの運賃やセントレジスの宿泊費などに使用したと明かした。

続きを読む >>

アメックスセンチュリオンで36億円決済、4億ポイント

更新日:2014年08月05日

中国人大富豪Liu Yiqian氏が、7月のサザビーズのオークションで、製作から500年が経過した古い陶磁器を、3600万ドル(約36億円)で競り落としたことが大きなニュースとなった。さらに話題があり、実はその支払いにはアメックスセンチュリオンを使用したらしく、4億2200万ポイントが得られたという。

続きを読む >>

アメックスセンチュリオン入会条件「3年で1億円使う?」

更新日:2014年04月30日

「ネオヒルズ族」の代表的な存在でもある、会社オーナーT氏が、アメックスセンチュリオンをを保有していることをTBS系「Gメン99」の中の企画で披露し、また、入会条件については、可能性としてアメックスプラチナ保有時に、「3年で1億円使うと…」(もちろん確定情報ではない)と説明した。

続きを読む >>

年収1000万円世帯を直撃のアメックスプラチナ年会費値上げ

アメックス:年収1000万円世帯を直撃のアメックスプラチナ年会費値上げ

更新日:2013年08月07日

今年度からアメックスプラチナカードの年会費が従来の10万5000円から、一気に3万1500円も値上げして、13万6500円となった。カード各社がプラチナを発行するが、アメックスはその中でもステータスでは最高位に位置するが、会費も最高額になったことで名実ともにナンバー1に。ところが、ホルダーには、センチュリオン(ブラック)と違い、高所得のビジネスマンも多く、家族に退会を迫られるなど悩む人も出現している。

続きを読む >>

ミスティーンUSAに貢いだ900万円返還を請求

アメックス:ミスティーンUSAに貢いだ900万円返還を請求

更新日:2013年03月04日

NYのヘッジファンド運用会社アルタイキャピタル創業者リッシ・バジャジ氏(33)が、別れた、ミスティーンUSA出場歴のある元交際女性に使われたお金の返還訴訟を起こし係争中であることが3日、NYポストの報道でわかった。

続きを読む >>

最強のパラジウムカード、資格は24億円以上

アメックス:最強のパラジウムカード、資格は24億円以上

更新日:2011年05月14日

米金融大手JPモルガンが、プライベートバンキング部門(PB)顧客で、3000万ドル(約24億円)以上の資産を持つ人を対象にしたパラジウム製のクレジットカードを発行することになった。

続きを読む >>

米アメックス、富裕層消費拡大で純利益71%増

更新日:2010年10月23日

米クレジットカード大手アメリカン・エキスプレスが発表した第3四半期決算(7~9月期)は、前年同期比17%増の70億3300万ドル、純利益が同71%増の10億9300万ドルと増収増益となった。主に富裕層の消費拡大などが寄与した。

続きを読む >>

アメックスセンチュリオン仕様のポルシェ・カレラ911

アメックス:アメックスセンチュリオン仕様のポルシェ・カレラ911

更新日:2010年07月10日

独自動車メーカーのポルシェは、米カード会社AMEXのブラックカードであるセンチュリオン仕様のカレラ911を先日、香港で披露した。同地在住の会員限定で販売する。

続きを読む >>

アメックスが富裕層に回帰

更新日:2009年03月03日

ウォールストリート・ジャーナルが2日報じたところによると、米クレジットカード大手のアメリカン・エキスプレスが、顧客ターゲットを同社のルーツである富裕層に回帰する方針を明らかにした。支払いの遅延やデフォルトの増加が原因だという。

続きを読む >>

バリ島で最高のステータスを誇る限定17戸の大邸宅

アメックス:バリ島で最高のステータスを誇る限定17戸の大邸宅

更新日:2009年01月14日

青い海、白い砂浜、澄み渡った空は地上最後の楽園といわれるインドネシアのバリ島。世界中からリゾート客を集め、近年はドバイ、シンガポール、マレーシア、豪州の富裕層たちのセカンドハウスが建ち並ぶ。海外のアメックスブラックカードホルダーだけの優先案件を公開中。

続きを読む >>

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする