トップ >  検索

検索結果: ダイナース

ダイナース銀座ラウンジが移転

ダイナース:ダイナース銀座ラウンジが移転

更新日:2017年12月04日

「富裕層向けカード」と言われるダイナースの顧客サービスとして利用できるダイナースクラブ銀座プレミアムラウンジが移転し、12月5日にオープンする。 移転といってもビルを1つ隣に移るのみで、場所はほぼ変わらない。

続きを読む >>

アメックスプラチナVSダイナースプレミアム、経営者はどちらを持つべきか?

ダイナース:アメックスプラチナVSダイナースプレミアム、経営者はどちらを持つべきか?

更新日:2017年08月28日

「アメリカン・エキスプレス(アメックス)のプラチナ」といえば、エグゼクティブなクレジットカードとして人気が高い。双璧を成す人気を誇るのが、「ダイナースのプレミアム」だ。この2つは果たしてどっちが得なのか。企業経営者・病院経営者が読者に多い「ゆかしメディア編集部」では、両方のカードを所持するユーザー複数人に話を聞き、調査した。 話を聞いたのは全員経営者、アメックスはプラチナカード、ダイナースはプレミアムカードを所有している。

続きを読む >>

アメックスプラチナカードは使えるのか? 本当のところ

ダイナース:アメックスプラチナカードは使えるのか? 本当のところ

更新日:2017年02月22日

富裕層向けカード、またはハイクラスなビジネスパーソンのステータスとして高いブランド力のある「アメックス(アメリカン・エキスプレス)カード」。 アメックスには主に4種類のカードがある。グリーンのレギュラー、ゴールド、プラチナと、超優良顧客のみが得られるセンチュリオン(ブラックカード)だ。 ゆかしメディアの読者と親和性が最も高いアメックスプラチナカードについて、詳しく説明していく。

続きを読む >>

アメックスが役に立つのは2つのポイント

更新日:2017年02月15日

カード保有者の特典についてはメリットが薄いとされるアメックスだが、その強さはやはり、クレジットカードとしての本来の機能の高さにある。

続きを読む >>

若い富裕層はなぜ出版に力を入れるのか

ダイナース:若い富裕層はなぜ出版に力を入れるのか

更新日:2017年01月24日

現在、若い富裕層の間で増えているのが「出版」だ。 金川顕教氏は、立命館大学在学中に公認会計士試験に合格し、デロイト・トウシュ・トーマツに勤務後独立、起業し、30歳で年収1億円を突破、ダイナースのブラックカードを最年少で取得するなど、若くして成功した人物だ。 その金川氏が、『チェンジ』『年収1億円はお金と時間が増える人』を出版した。その理由を語る。

続きを読む >>

難病と闘う子供たちを支える犬の育成に寄付【読者特典つき】

ダイナース:難病と闘う子供たちを支える犬の育成に寄付【読者特典つき】

更新日:2016年12月16日

2016年も残り1月を切った。2016年のうちに済ませておきたいことの1つが、寄付だ。 「ファシリティドッグ」という存在をご存じだろうか。病院に常勤して医療チームの一員として働く、専門的なトレーニングを受けた犬のことだ。 小児がんや難病にかかった子供は、長期にわたる入院や治療の日々でストレスがたまり、周りの人に対して心を開かなくなったり、治療を拒んだりといった行動をすることが多々ある。 日本の医療患者やその家族のサポートに関して、残念ながら日本の医療の意識は高くない。 ファシリティドッグは、そのような重病の子どもたちに寄り添い、治療をサポートする存在だ。ただ犬がいるというだけでなく、専門的な医療に関するトレーニングを受けており、治療にも関わっていく。

続きを読む >>

アジアベストレストラン50、評判が良い日本勢がなぜ順位を下げるか

ダイナース:アジアベストレストラン50、評判が良い日本勢がなぜ順位を下げるか

更新日:2014年03月24日

「アジアのベストレストラン50」が2014年も発表され、日本の「ナリサワ」が2位に入るなど10店がランクインした。ただ、日本勢が1位を明け渡したことで、他国は観光政策の一環として戦略的に情報発信を行うなどランキングを上げる努力をしているともいい、「日本のランキングがなぜ下がっているのか」との声もあがるなど、喜んでばかりはいられないようだった。

続きを読む >>

サインなしでOK シティカード新サービス

更新日:2009年01月29日

シティカードジャパンは、レストランなどでクレジットカードの支払い時にサインなしで決済できるサービスを29日から開始する。

続きを読む >>

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする