トップ >  検索

検索結果: 仮想通貨

最大770%! 異常な爆騰げの2017年ヘッジファンド運用成績

仮想通貨:最大770%! 異常な爆騰げの2017年ヘッジファンド運用成績

更新日:2018年03月28日

アルファウィークが、2017年のヘッジファンド運用成績トップ10を発表した。 ヘッジファンド全体の運用成績が好調だったことと、2017年の特別な事情から、トップ10は例年になく高い運用成績が並ぶこととなった。その事情については後述する。

続きを読む >>

仮想通貨を保有するアメリカ人は人口の8%

仮想通貨:仮想通貨を保有するアメリカ人は人口の8%

更新日:2018年03月22日

アメリカ人の約8%が仮想通貨を保有していると、ビットコインに関するニュースを発行するビットコインドットコムが報じた。

続きを読む >>

ブロックチェーン3.0で世界が変わる!

仮想通貨:ブロックチェーン3.0で世界が変わる!

更新日:2018年03月07日

3月7日、都内で「内外為替一元化コンソーシアムによるスマートフォン向け送金アプリ『Money Tap(マネータップ)』」提供に関する記者発表会が開かれた。

続きを読む >>

日経平均続落。高配当株投資にチャンス

仮想通貨:日経平均続落。高配当株投資にチャンス

更新日:2018年03月06日

「○日連続上昇」「バブルの再来」などと騒がれていたが、2月に入り、アメリカの経済政策などの影響を受けて急落した日経平均。3月6日10時現在、日経平均は2万1000円台を推移。一時期は2万4000円台にいたことを考えると、3000円近い下落だ。

続きを読む >>

仮想通貨の新団体設立 自主規制強化へ

仮想通貨:仮想通貨の新団体設立 自主規制強化へ

更新日:2018年03月02日

仮想通貨交換業者16社が、新団体設立を決めた。

続きを読む >>

国家プロジェクトも 巨額マネーの動くICO

仮想通貨:国家プロジェクトも 巨額マネーの動くICO

更新日:2018年02月27日

日本や世界中で、ICOがますます盛んになっている。

続きを読む >>

「ビットコインは通貨として概ね失敗」総裁の意図は?

仮想通貨:「ビットコインは通貨として概ね失敗」総裁の意図は?

更新日:2018年02月20日

イングランド銀行のカーニー総裁が、「ビットコインは伝統的な基準に沿えば通貨としては失敗した」と語ったと、ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。

続きを読む >>

SBI、ICOで500億円調達

仮想通貨:SBI、ICOで500億円調達

更新日:2018年02月16日

SBIホールディングスが2018年度中に、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)で500億円規模の調達を行うと、日刊工業新聞が報じた。

続きを読む >>

仮想通貨流出で際立つ北朝鮮の力

仮想通貨:仮想通貨流出で際立つ北朝鮮の力

更新日:2018年02月07日

仮想通貨の取引所「コインチェック」から巨額の仮想通貨「NEM」が流出した事件で、北朝鮮が関与している可能性が浮上した。

続きを読む >>

日本が目指す「仮想通貨先進国」

仮想通貨:日本が目指す「仮想通貨先進国」

更新日:2018年02月06日

2017年に飛躍的に拡大したものの、2018年に入り価格も落ち着き、コインチェックによるNEMの流出事件などもあり新たな局面を迎えた仮想通貨市場。 世界的には仮想通貨に関して規制の動きが大きくなっているが、日本は中立の立場をとっている。

続きを読む >>

コインチェック事件で終わる仮想通貨バブル

仮想通貨:コインチェック事件で終わる仮想通貨バブル

更新日:2018年02月02日

580億円相当の仮想通貨「NEM」が流出したコインチェック社。金融庁による業務改善命令だけでなく、本格的な立ち入り検査が実施されることも決まった。

続きを読む >>

仮想通貨に湧く日独。対照的な思惑

仮想通貨:仮想通貨に湧く日独。対照的な思惑

更新日:2018年01月22日

盛り上がりを見せているビットコインを中心とした仮想通貨市場。 日本や中国は言うに及ばずだが、意外な盛り上がりを見せているのが、ドイツだ。

続きを読む >>

マイクロソフト、SBI、ブロックチェーンに次々参入

仮想通貨:マイクロソフト、SBI、ブロックチェーンに次々参入

更新日:2018年01月18日

2018年に入り、複数の仮想通貨価格が急落したことで「バブルがはじけた」「暴落の始まり」といった声も多々起こり、市場は混乱している。 中国や韓国、中東の国々などが仮想通貨を規制する方向に動くなどし、今後価格がどうなっていくかは、誰にもわからないところだ。

続きを読む >>

ビットコイン、毎年恒例「1月の下げ」は想定内

仮想通貨:ビットコイン、毎年恒例「1月の下げ」は想定内

更新日:2018年01月17日

1月16日夜、相場に悲鳴がこだました。その日、下落の続いていたビットコインがさらに下落、1ビットコインあたり1万ドルを割るレベルまで肉薄したのだ。

続きを読む >>

仮想通貨を詐欺と断じたJPモルガンCEOが“変心”

仮想通貨:仮想通貨を詐欺と断じたJPモルガンCEOが“変心”

更新日:2018年01月11日

JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOは、仮想通貨に対して批判的で、ビットコインを「詐欺」と断言、「自社の社員が扱ったら解雇する」とまで公言していた。

続きを読む >>

ビットコイン上昇はもうニュースにならない?

仮想通貨:ビットコイン上昇はもうニュースにならない?

更新日:2018年01月10日

2017年の投資市場を大いに賑わせた、ビットコインをはじめとする仮想通貨。 今年はどのような動きを見せるのか、引き続き注目を集めている。

続きを読む >>

元ゴールドマンの仮想通貨ヘッジファンドが頓挫

更新日:2017年12月26日

ヘッジファンド運用者のマイケル・ノボグラーツ氏は、仮想通貨を用いたヘッジファンドの設立計画を棚上げすると、ブルームバーグが報じた。

続きを読む >>

ゴールドマンサックス ビットコインに参入

仮想通貨:ゴールドマンサックス ビットコインに参入

更新日:2017年12月22日

ゴールドマンサックスが仮想通貨の値付けを行う取引デスク設置を計画していることが、ブルームバーグが関係者に取材しわかった。

続きを読む >>

ビットコイン投資ヘッジファンドのリターンが2万5004%

仮想通貨:ビットコイン投資ヘッジファンドのリターンが2万5004%

更新日:2017年12月20日

ニューヨークタイムズは、ビットコインに注力するヘッジファンド、パンテラ・ビットコイン・ファンドの累計リターンが2万5004%になったと報じた。

続きを読む >>

ヘッジファンドはビットコインに乗る? 乗らない?

更新日:2017年09月28日

多くの投資家がその行方と価格に注目しているビットコイン。最近のヘッジファンドはビットコインを初めとする仮想通貨にも進出してきている。 北朝鮮情勢を受けて不安が広がり、ヘッジファンドによる仮想通貨の買いが進んでいることも、ここ最近の価格上昇の一因になっているとされている。  「ヘッジファンドたちの今の最大の関心はビットコインだ」。アメリカ系証券会社の幹部はそう口にするほどだ。

続きを読む >>

ビットコインの動きを止めるのは中国よりも国税局か

更新日:2017年09月13日

日々過熱しているビットコインを初めとした仮想通貨市場。中国政府によるICO(イニシャル・コイン・オファリング:新たな仮想通貨の発行)を禁止する通達などを受けての上下はあるが、大きな流れで見るとビットコインの価格は上昇を続けている。

続きを読む >>

富裕層のためのビットコイン活用術

更新日:2017年06月08日

仮想通貨「ビットコイン」が値上がりを続けている。 新たな存在と、富裕層はどう付き合うのがよいのか。

続きを読む >>

国が動き出したFinTechで金融はどう変わる?

仮想通貨:国が動き出したFinTechで金融はどう変わる?

更新日:2016年08月24日

日銀は23日、「FinTech(フィンテック)」の将来に関する初会合を日銀本店で開いた。FinTechは金融とIT(情報技術)を融合した分野で、世界的にも決済、資産運用、仮想通貨などに関して規模を拡大してきている。 日銀の黒田東彦総裁はFinTechの技術が「金融に大きな変化をもたらす」ものであり「金融サービスの利便性向上や経済活動の活性化に結びつくよう、実用化に向け、中央銀行の立場からなし得る最大限の貢献をしていく」と述べた。 一方で、黒田氏は情報の安全性確保などが課題だとも語っている。

続きを読む >>

J・ロジャーズ氏が詐欺集団の講演依頼受ける痛恨のミス

仮想通貨:J・ロジャーズ氏が詐欺集団の講演依頼受ける痛恨のミス

更新日:2015年03月20日

利回り100%を保証するという投資スキームを提示した香港の業者主催の講演会に出席した著名投資家ジム・ロジャーズ氏が、「詐欺行為に関しては全く知らなかった」とブルームバーグの取材に答えている。

続きを読む >>

マネーロンダリングの疑いある取引25%増加(シンガポール)

仮想通貨:マネーロンダリングの疑いある取引25%増加(シンガポール)

更新日:2014年07月04日

シンガポールでは2013年の1年間で、マネーロンダリング(資金洗浄)と疑わしき取引が対前年比25%増加の2万2417件あったと、当局が発表した。その総額は1億1500万シンガポールドル(約117億円)に上った。

続きを読む >>

Bitcoin開発者「中本哲史」の身元がついに割れる

仮想通貨:Bitcoin開発者「中本哲史」の身元がついに割れる

更新日:2014年03月07日

お騒がせしている仮想通貨「Bitcoin」(ビットコイン)の発明者である、「中本哲史」(サトシ・ナカモト)の身元がついに割れた模様である。米Newsweekが、その人物のカリフォルニアの自宅を突きとめて直撃している。

続きを読む >>

世界2位のビットコイン保有者? 2600万円の宇宙旅行の支払いに使う

仮想通貨:世界2位のビットコイン保有者? 2600万円の宇宙旅行の支払いに使う

更新日:2014年03月06日

「ビットコイン、宇宙を超えて」。

続きを読む >>

【ビットコイン】夢は「世界征服」の家賃150万円のタワー最上階に住む「失踪社長」

仮想通貨:【ビットコイン】夢は「世界征服」の家賃150万円のタワー最上階に住む「失踪社長」

更新日:2014年02月28日

インターネット上で取引される仮想通貨の「BITCOIN(ビットコイン)」で、大手取引所「マウントゴックス」(東京・渋谷区)が取引が全面停止となった。300億円以上の資産の行方が不明となる前代未聞の事態に発展。姿をくらませた家賃150万円の高層タワーマンションに住むフランス人社長、一方で極寒の中で3000万円を失った英国人投資家との静かな戦いが現在も行われている。国家や中央銀行に依存せず国籍や時空を自由に行き来できる「夢の通貨」。その存在そのものが問われている。

続きを読む >>

ヘッジファンド業界がBitcoinファンド立ち上げで人材募集

更新日:2014年01月06日

昨年2013年は、仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」への投資機会を求めて、著名個人投資家や機関投資家まで乗り出してきて、1000ドル以上の値を付ける大相場を形成した。今年2014年も、その流れは大筋で変わりそうになく、米国では、あるヘッジファンドがビットコインのトレーダーの採用募集を行うほどになった。業界としては、ブームを象徴するような 動きではある。

続きを読む >>

Bitcoinでランボルギーニを2000万円で購入のツワモノ登場

更新日:2013年12月12日

仮想通貨「Bitcoin」(ビットコイン)を実生活で使える場面も出てきたが、米国で高級車ランボルギーニを、20万ドルで購入したツワモノが現れた。

続きを読む >>

Bitcoin発明者「中本哲史」1000億円長者に

仮想通貨:Bitcoin発明者「中本哲史」1000億円長者に

更新日:2013年12月03日

仮想通貨Bitcoin(ビットコイン)の発明者である「中本哲史」氏が、ビットコインで初めて10億ドル長者(ビリオネア)になった可能性が高くなった。今年、最もホットな資産運用手段の一つとなったビットコイン界隈から、初のビリオネアが日本人となった。

続きを読む >>

急騰Bitcoin、4日で3億円荒稼ぎ「宝探し機」

更新日:2013年11月15日

取引市場で連日高値を更新する仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」だが、たったの4日間で300万ドル儲けたツワモノが出現した。ビットコインの儲け方は、何も相場だけだはないのだ。つまり、「宝探し」と同じで「マイニング(採掘)」による、儲け方もあるのだ。ここでのツワモノは後者の方だ。

続きを読む >>

急騰Bitcoinに著名投資家が将来「100倍」宣言

更新日:2013年11月13日

にわかに注目を集め始めた仮想通貨「BITCOIN」(ビットコイン)の取引だが、米著名投資家ウィンクルボス兄弟が13日、米NYのカンファレンス会場からCNBCに出演し、将来は少なくとも100倍の市場になるとの見通しを示した。

続きを読む >>

バブル真っ只中「ビットコイン」市場が50%以上急落

仮想通貨:バブル真っ只中「ビットコイン」市場が50%以上急落

更新日:2013年04月11日

仮想通貨の一つとして注目を集めている「ビットコイン」がバブル市場となっていたが、9日のオンライン取引市場で50%以上も暴落した。

続きを読む >>

アメーバピグ月間6億円の「通貨」流通

更新日:2011年02月01日

サイバーエージェントは、アバター仮想空間で使われる仮想通貨「アメゴールド」が月間6億円規模に到達した、と発表した。

続きを読む >>

オンラインゲーム内の土地が2800万円で売れた(米)

仮想通貨:オンラインゲーム内の土地が2800万円で売れた(米)

更新日:2010年11月26日

2800万円の土地と言えばそれほど高いとは思わないだろうが、これがオンラインゲーム上の架空の土地となれば話は別だ。オンラインゲーム「エントロピア・ユニバース(Entropia Universe)」の中で33万5000ドル(約2800万円)で取引されたもので、史上最高額となった。

続きを読む >>

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする