トップ >  初心者の為の贈与税 >  贈与税について

贈与税について

贈与税って何?

贈与税とは、お金や金銭的価値の有るものを人から人へあげた際に発生する税金の事です。贈与とは、その名の通り贈って与えるわけですから、無償で人に何かを上げる際に用いる言葉です。この様に無償で人に金銭的な価値のあるものや金品を贈与した際に課税される税金となっています。人から人へモノをあげるだけで税金がかかると言うことに何か意味があるのでしょうか。

相続税を補完する贈与税

贈与税は実は相続税を保管する役割を持った税金です。よくわからないといった方の為に例をあげてみましょう。思案5000万円を持っている親が、子供にその資産を相続させようと思っています。これは皆さんよくご存知かと思いますが、親がなくなった時に子が資産を相続すると相続税が課税されます。日本では相続税の課税率が高い事でも有名なのですが、この相続税を節税するために様々な事を考えます。贈与税が無ければ、親が亡くなる前に資産をすべて子へ贈与してしまえば、相続税は相続する際に発生する税金ですから税金がかからないという事になります。つまりこういった税金逃れを防止するために儲けられたのが、贈与税なのです。

110万円の基礎控除

贈与税は人から人へと金銭的な価値のものや金品を送られた時に課税される税金です。では、数万円のおこづかいを貰ったなどといったケースもいちいち課税対象となってしまうんでしょうか。友達に商品券をプレゼントされた、おじいちゃんからお年玉を貰った、ご祝儀さえも課税対象?と悩んでしまいますよね。この様な事を避けるために、贈与税には基礎控除額が設定されています。1年間110万円以下の贈与に関しては課税対象とならない事になっています。この様に、相続税逃れの贈与と通常の贈与について区別されているのです。

贈与税の対象とは

贈与税の課税対象は、金品や金銭的価値のあるものと戦術しましたが、具体的にどういったものが、贈与税の課税対象となるのでしょうか。現金はもちろん課税対象となります。その他には、株や債権などの有価証券や土地、家屋、貸付金、営業権などが金銭的価値を持つと制定されています。この様なものを年間110万円を超える贈与を行った場合には、贈与税の確定申告を行わなければいけません。

贈与税の課税対象とはならないもの

贈与税の課税対象となるものは、お分かりいただけたかと思いますが、逆に課税対象にならないものにはどんなものがあるのでしょうか。死後の遺産相続に関しては、もちろん相続税が課税されますから、贈与税の対象にはなりません。その他には不要に必要な生活費や教育費に関しても贈与税にはなりません。夫画妻に渡す生活費に贈与税がついていてはたまりませんね。また離婚の際の財産分与も贈与税の対象にはなりません。
提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (3)



スポンサーサーチ


ヘッジファンド情報

「ただの一発屋の成金」なのか、年収3000万円

おすすめ:「ただの一発屋の成金」なのか 30代で年収3000万円を実現する(12) 「収入を維持するために心がけていること」  これまで私は30代で年収3000万・・・

明日は「秒速ホームレス」年収三千万円の人の借金は

おすすめ:明日は「秒速でホームレス」 年収3000万円の人の借金額は? 30代で年収3000万円を実現する(14) 借金ゼロにする人、借金20億円にする人 「30代年収3000万円の人は借金をどれくらい・・・

市場崩壊は間近! 30年間「金」を買う著名投資家

おすすめ:市場崩壊は間近! 30年間金を買い続けるマーク・ファーバー NYのブラックマンデー到来、日本のバブル崩壊などを予言した著名投資家マーク・ファーバー・・・

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする


YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)とは