トップ >  初心者の為のラップ口座 >  ラップ口座って何?

ラップ口座って何?

安全な投資とは


資産は有効的に活用する事によって、さらに資産を増やしていく財源となります。試算は新たなる資産を生み出す糧となるものなのです。多くの企業では資産をうまく活用し、持っている資産をベースにさらに事業を拡大していきます。個人の資産についてももちろん同じ事がいえます。資産をいかに活用していくかという事は多くの資産家にとって、大いなる関心ごとなのです。資産運用には様々な方法があります。こういった手段や方法から、より安全な資産運用を求めている方はたくさんいらっしゃいます。近年、注目を集めている資産運用としてラップ口座について取り上げてみましょう。

ラップ口座とは?


ラップ口座という言葉自体あまり馴染みのない言葉ですが、比較的日本ではまだあまり浸透していない資産運用法です。ラップ口座とは、証券会社等の金融機関に通常の銀行口座の様に資産を預入れをし、その資産を預かった金融機関が顧客の資産を様々な金融商品で運用していくという内容のものです。Separately Managed Accountの略で、SMAと呼ばれる事もある様ですが、内容的にはラップ口座はこのSMAが発展した金融商品となっています。SMAはアメリカが発祥の投資法です。次第に日本でもSMAが発展したラップ口座での資産運用を行う方が増加している傾向にあります。

なぜラップ口座というのか


ラップ口座という名前自体、あまり馴染みがない日本ですが最近では徐々にこのラップ口座に注目が集まってきています。ラップ口座という名前の由来は、顧客の資産を包むように大事に預かるという意味が込められているそうです。ラップつまりWRAPという英語が語源となっています。ラップ口座は元々アメリカが発祥の投資スタイルなのですが、今は世界的に証券会社や金融会社が顧客に向けて提供しているサービスの一環としてメジャーなものになっています。貯金感覚で預けている資産を、金融会社に一任で預けるといった資産運用スタイルとなっています。信用と実績が無ければ成り立たない当市スタイルといえるでしょう。だからこそ、ラップで包むように資産を大事に預かり守っていますといった語源を使用しているのです。

人気の資産運用、ラップ口座


ラップ口座という言葉になじみはないという方が多い中、次第に多くの個人資産家の間でじわじわと人気を集めています。こういった資産運用法は実は多くの ニーズがあったスタイルで、まさにニーズに応えてくれた商品と言えるでしょう。資産は充分にあっても、忙しさの中で、情報収集が主となる資産投資に手が回 らないといった状況の方が大勢いらっしゃるのです。こういった暇がないという資産家の方たちのために誕生したのが、ラップ口座ですから、実にニーズにピッ タリの投資商品となる訳です。また、このラップ口座と似て非なる、富裕層の間では人気の海外で開設できるラップ口座があります。これはポートフォリオボンドとも呼ばれており、世界中のヘッジファンド等へ投資ができます。こういった海外投資として人気のラップ口座についての詳しい情報は海外投資アドバイスに強みを持つ投資助言会社(例:アブラハム・プライベートバンク)へ相談するともっと詳しい情報が得られるでしょう。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (3)


ラップ口座の関連記事

ラップ口座に関する記事

ヘッジファンド情報

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする