トップ >  初心者の為のラップ口座 >  ラップ口座の運用実績と分散投資

ラップ口座の運用実績と分散投資

<h3>ラップ口座の運用実績
ラップ口座は近年大変注目されている資産運用法です。今まではかなり敷居の高いと言われてきたラップ口座でしたが、最低預金金額の引き下げ等で、身近な資産運用法として人気を呼んでいるのです。しかし2004年の金融業界の規制緩和によって誕生したラップ口座はまだ日も浅く、取り扱う証券会社の提供するサービスも一貫している所がなく、まだまだサービスに対する発展を期待している方が多いのも現状です。提供して欲しいサービスの一環の一つとして、運用実績の公表をあげている方は多いのではないでしょうか。ラップ口座は、資産を運用担当者に一任して預け管理と運用を任せていくといったサービスの商品です。やはり口座開設する前に、判断材料の一つとして運用実績をみてみたいというニーズは多いでしょう。まだまだ発展中のラップ口座ですから、今後こういったニーズに答えるサービスもどんどん提供されていく、期待大の投資商品です。

分散投資の資料を参考に


ラップ口座に関しては、運用実績の公表が行われていない為、証券会社を選出する際には、顧客が判断材料を探し運用実績の予測を立てるほかありません。ではどうやって運用実績を予測していけばよいのでしょうか。様々な国産分散投資等を行っている運用法を用いているラップ口座では、どの分野に特に力を入れているのかという事を確認する事で、かなり運用担当者のスキルを測る事が出来ます。どれだけ敏感に現在と今からの投資について観察しているのかという予測を立てることができます。野村ファンドラップでは、顧客へのサービスとして、ホームページ上に分散投資に関してのパフォーマンスのよさを分野ごとにわかりやすい表にして提示しており、顧客へ運用担当者の得意分野をアピールしています。こういった資料は証券会社ごとで色々なものがあるかと思いますので、ホームページで調べたり、直接問合せたりして口座開設の前に色々と自分の目で見て回るとよいでしょう。

数値よりも全体のバランスの良さ


ラップ口座に関しては他の様々な資産運用と違って、様々な投資法を用いて資産を守り運用していくため、一概に運用実績の数値を見るだけでは実際の信頼性他安全性が高いといえる訳ではありません。ヘッジファンドをご存知の方はお分かりかと思いますが、パフォーマンス予測は大変難しく、実際にパフォーマンスの良いところだけを上手に選んで進めていくのは大変困難です。むしろ不可能に近いと言ってもよいでしょう。運用実績を年度別に確認した際には、大きな差が生じていることが殆どです。しかし、これは高い利回りを求めている場合には当然リスクも高くなる訳ですから、当然と言えば当然の事なのです。つまり運用実績は一年の実績を比較するのではなく、全体の平均の浮き沈みをしっかりと確認して、バランスのよい安定した取引を行っている所を見極める事が大切です。激的なパフォーマンスの良さにだけ注目せずに、全体のバランスが取れているのか、これが一番重要な事なのです。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (4)


ラップ口座の関連記事

ラップ口座に関する記事

ヘッジファンド情報

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする