トップ >  初心者の為のラップ口座 >  銀行が参入する資産運用口座

銀行が参入する資産運用口座

銀行がラップ口座に参入

ラップ口座といえば、証券会社が行っている投資商品として知られていますが、金融業会の規制緩和による法改正で、銀行や保険会社もラップ口座への参入が可能となりました。もちろん近年では中億を集め、顧客数も増加している中銀行や保険会社が参入を見逃すはずもありません。銀行がラップ口座の市場に参入し、今まで安泰だった証券会社の地位をも脅かす程の人気を集めているのです。銀行ではラップ口座という名前を全面的に使用せずに、資産運用窓口といったあくまで銀行の貯蓄イメージを崩さないサービス提供を行っているため、投資に関する不安なリスクを感じさせないといったイメージが、銀行のラップ口座の人気に繋がっているのでしょう。

銀行が取り扱うラップ口座


銀行のラップ口座が最近では人気急上昇となっていますが、実際には証券会社のラップ口座と銀行でのラップ口座ではどの様な違いがあるのでしょうか。三菱UFJ信託銀行ではラップ口座と同様の内容の商品を提供していますが、まずラップ口座と言うメーミングではありません。三菱UFJ信託銀行では、資産運用窓口、通称、番頭さんといった愛称で親しまれています。また資産運用を専門に行っている証券会社と違い、銀行と名前がつくだけで保全と安定のイマージが強くなっているのも事実です。三菱UFJ信託銀行が、多くの信託銀行の中でもいち早くラップ口座市場に参入した事で、銀行のラップ口座参入の価値を図り知る事が出来るといってよいでしょう。一般的にラップ口座の最低預金金額は高めに設定されていますが、三菱UFJ信託銀行でも、最低金額が3000万円と、証券会社の最低預金金額よりも高めに設定されています。しかし三菱UFJ信託銀行では大口の預金を持つ富裕層をターゲットとした投資商品として、サービス提供を行っていますので、釣り合いの取れた金額といえるでしょう。

ラップ口座参入に対する銀行の強み


投資という分野で考えると、証券会社のほうに軍配が上がると考える方も多いでしょうが、銀行でもラップ口座に参入するに当たっての強みはもちろん持っています。銀行はラップ口座に参入して日も浅いため、運用実績に不安があると思う方も多いかと思いますが、実際には書く付け投資情報センター等で投資情報と運用実績をもつ会社と提携しアドバイスを進めていきますので、すでに資産運用につての安定性には定評があります。また顧客との密着性もあり、顧客に合わせたポートフォリオの提示なども徹底しており、顧客一人ひとりの性質を踏まえたうえでサービスを展開していますので、安心と信頼性はかなり高くなっています。こういった事でもお分かりいただけるかと思いますが、証券会社に出遅れているとはいえ、最先端をいく細やかなサービスを提供しており、まさにラップ口座への参入は成功といえるものとなっています。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (4)


ラップ口座の関連記事

ラップ口座に関する記事

ヘッジファンド情報

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする