トップ >  初心者の為のラップ口座 >  質のよい資産運用に法人も参入

質のよい資産運用に法人も参入

投資商品の品質と顧客の関連性


金融業会の規制緩和により、株式投資や外国為替証拠菌取引などが急増し、富裕層だけでなく低所得層にも顧客の幅を広げ、投資商品がより身近に感じてくる様になりました。確かに金融機関の活性化や自由化を強調するものではありましたが、同時に質のよくないFX企業の増加やヘッジファンドの成績悪化による倒産などが相次ぎ、多くのダメージを顧客に与えているのも現状といえます。顧客層の幅が広がり市場が活性化することはもちろん理想なのですが、質の悪い投資商品が増加する事によって、大口の顧客となる法人がそういった投資商品から離れていくといった危険が増えてきます。いくら顧客の幅が広がっても、大口の顧客となる法人などが市場から去っていくのは、結果的に経済に不活性な状態を招きいれてしまうことになりかねません。

投資商品としてのラップ口座の今後


近年細やかで資産運用を一任したサービス内容で大変注目を集めているラップ口座ですが、これも顧客の幅を広げるために、最低預入金額が低く設定されるようになりました。もとは富裕層をターゲットとしたサービスでしたが、最低預入金額を低く設定する事により顧客の幅が広がりつつあります。こういった事により懸念されているのが、サービス内容の品質の維持でしょう。ラップ口座の質を問うという形で今後どの様な発展を遂げていくのでしょうか。富裕層向けに提供されていたラップ口座は、このブランド感が富裕層にうけていた商品なのですが、最低預入金額が高く設定される事で、顧客の数は少ないものの一口が大口という事もありラップ口座の資金は相当な資産残高となっている事がわかります。こういったラップ口座への参入は、個人投資家だけでなく法人の参入もかなり広まってきているといえるでしょう。

顧客層は法人まで


ラップ口座の資産残高としては、日本でもトップクラスを誇る大和證券の顧客については、顧客層が大学の法人や宗教団体にまで広がりつつあるそうです。個人の富裕層がターゲットとしていた時代は過ぎ、法人や団体などがラップ口座に参入し市場を拡大しつつあるのです。ラップ口座の商品の質のよさが法人などの参入を促し、市場の活性化に繋がっているという訳なのです。こういった事からお分かりいただけるかと思いますが、今後ラップ口座の市場はどんどん発展し、個人投資家だけでなく法人などの参入によりよりサービスが充実したものに進化を遂げていく事でしょう。日本国内dねおラップ口座は誕生してまだ間もないという事もありまだまだ成長段階ともいえる市場ではありますが、安定性と充実したサービスは徐々に注目され人気を呼んでいるのです。今後の展開が大いに期待できる市場といえるでしょう。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (2)


ラップ口座の関連記事

ラップ口座に関する記事

ヘッジファンド情報

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする