トップ >  初心者の為のラップ口座 >  新光証券ではじめる資産運用ラップ

新光証券ではじめる資産運用ラップ

発展を続けている新光証券


新光証券はみずほファイナンシャルグループに属する証券会社で、近年大変発展し成長を遂げている企業です。最近の人気商品ラップ口座においても安定した投資商品の提供を行っており、みずほファイナンシャルグループという信頼性も重なり、着実に新光証券の資産運用ラップは口座数を増やしています。今後大きく成長が期待できるラップ口座といっても良いのではないでしょうか。新光証券では資産運用ラップのほかに、新光ファンドラップといった商品も提供しています。個人投資家のニーズに対応できる商品提供に心がけているところも魅力的な商品といえるでしょう。

新光証券のLongAP


新光証券の資産運用ラップは、LongAP(ロングアップ)とも呼ばれています。長期的に確実な利回りを提供していくという思いのLong、資産を意味するAsset、しっかりとした運用計画を持って取組むといった意味を込めたPlanを組み合わせた事でも、新光証券のラップ口座に対する意欲を測る事が出来ます。ラップ口座を始めるにあたって、運用担当者と投資家に長い付き合いになっていくと共に、運用方法への信頼も長期的に求められます。新光証券ではこの名前にふさわしいサービス内容を提供しようと発展を続けているのです。最低預け入れ金額は2000万年に設定されていますが、一度口座を作ればその後の預け入れ金額は100万ごとで細かく設定されているのも大きな魅力となっています。新光証券のラップ口座では、着実に口座開設者が増加している事からも、サービス内容の充実さを裏付けているといえるでしょう。

新光証券が取り扱うファンドラップ


新光証券のもう一つのラップ口座といえば、ファンドラップです。比較的参入が遅いといわれていた商品ではありましたが、安定し落ち着いたサービスが提供されていますので、代表的なファンドラップの一つとして広く捉えられ新光証券の定番商品となっています。新光証券のファンドラップでは、国際分散投資により効果的な利益追求も実施されており、評価も高いものとなっています。最低預入金が雲500万円からと低めに設定されているのも画期的といえるでしょう。今後も年金世代が加入する代表的なラップ口座として上位をキープしていく商品といえます。近年ではラップ口座の人気の為様々な証券会社から最低預入金額を低く設定した商品が登場しています。こういった小口ともいえるラップ口座を幾つかに分けて資産運用するといった方も多くなっている様です。ラップ口座は日本では誕生してまだ日も浅く、これからどんどんサービスの向上が期待できる商品です。新光証券のラップ口座ももちろんこれから大きく発展していく商品と言えるでしょう。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (3)


ラップ口座の関連記事

ラップ口座に関する記事

ヘッジファンド情報

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする