トップ >  初心者の為のラップ口座 >  ラップ口座の手数料と確定申告

ラップ口座の手数料と確定申告

ラップ口座の手数料


様々な投資商品の利益に関しては、確定申告を行う必要があります。これはラップ口座に関してももちろん同じ事がいえます。確定申告を行う事で、納税をキチンと行うと共に運用にかかった必要経費を提示する必要なプロセスなのです。ラップ口座の主な経費としてあげられるものでは、証券会社に支払う運用報酬としての手数料が一番多き案物でしょう。この証券会社に支払う経費は必ず確定申告時に提示しておきます。この必要経費を差し引いて課税対象額を出して納税金額を算出していきますので、忘れずに必要経費は提示します。この手数料の申告を忘れただけで年間大きな納税額に違いが生じてきます。国民にはもちろん納税の義務がありますが、必要以上に過分に支払うことはありません。しっかりと手数料等のコストは確定申告時に提示していきましょう。

ラップ口座の申告区分の違い


投資商品の利益については、それぞれで確定申告する区分が違います。もちろんラップ口座についても同じ事が言えます。ラップ口座の確定申告については、どの様な区分で申告を行うかによって、経費の参入の仕方が変わってきますので、注意が必要です。形式基準と実質基準の二つの点を見据えて、ラップ口座によって得た利益が雑所得になるのか、譲渡所得になるのかと変わってきます。この違いによって税務上の経費として認められる費用の種類やどこまでの範囲が認められるのかという違いが生じてくるのです。大抵の場合には、ラップ講座については形式基準と実質基準といった二つに合致するという判断をつけられている様ですから、しっかりと証券会社に支払った手数料等も経費の費用に提示しておきましょう。

有価証券先物やオプション取引が含まれているケース


分散投資を行って資産運用を行っているラップ口座では、厳密にいうと納税の区分が異なる取引も含まれています。こういったケースでは、確定申告が正確さを求めるのであれば、複雑になってしまう事は必須ともいえるでしょう。固定報酬に加えて成功報酬が含まれている手数料のケースでは、取引された手段には関係なく資産の残高に対して手数料が決められます。この為、状況に合わせ経費を分けて含めていくようにという国税局からの回答があります。複雑なものに関しては、やはりしっかりと証券会社の運用担当者とよく相談して正しく申告を行っていきましょう。ラップ口座などの投資に関する税制面の整備はいまだにはっきりと確定した所がなく、流動的な部分が多くある傾向にありますので、今後のラップ口座における税制面での動向には目が離せないといってもよいでしょう。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (1)


ラップ口座の関連記事

ラップ口座に関する記事

ヘッジファンド情報

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする