トップ >  初心者の為のラップ口座 >  みずほ銀行で開設するラップ口座

みずほ銀行で開設するラップ口座

銀行のラップ口座市場への参入


金融業会の規制緩和によって、法改正が実施され銀行もラップ口座への参入が可能となりました。今までは証券会社のみの市場となっていたラップ口座に、今後新たな競合が生じてくることは必須です。銀行や信託銀行はラップ口座に関しては出遅れているとはいえ、すでに顧客をもっている状態ですから投資商品への勧誘を行いやすいと言った点が大きなメリットといえるでしょう。何より銀行というネームバリューがすでに信頼と安定性を、顧客が持っている事も強みといえます。こういった大きなメリットと顧客のニーズに応えるために、みずほ銀行と三菱UFJ信託銀行がラップ口座市場に本格的に参入を開始したのです。

みずほ銀行が提供するラップ口座


みずほ銀行でのラップ口座は、みずほファイナンシャルグループである新光証券のラップ口座を取り扱っています。つまりみずほ銀行のラップ口座は自社商品ではありません。自社商品ではないとはいえ、みずほファイナンシャルグループの企業ですから、すでにみずほ銀行の顧客である資産家の方々には大変勧めやすい商品となります。また新光証券の近年のラップ口座における実績は著しく発展、成長している為、さらにみずほ銀行の介入によって大きく市場拡大していく事が期待されます。

みずほ銀行のラップ口座のメリット


銀行がラップ口座に参入する事で、一番不安な点といえば、やはり投資スキルや経験であると言えるでしょう。安心と信頼はあるものの、肝心の投資スキルが低ければ資産運用を行う意味がありません。銀行のラップ口座では、S&Pを投資アドバイザーとして持つ事が強調されてはいますが、参入して日も浅い事で運用スタイルの不透明さはやはり否定できません。その点ではみずほ銀行では、すでに実績と安定のある新光証券での資産運用スタイルを扱っていくわけですから、他の銀行よりも一歩リードしていると言っても過言ではないでしょう。

ラップ口座の対象となる顧客との相性


ラップ口座の対象となる顧客はやはり、自らの考えで投資を行っていくようなタイプの投資家というよりも、出来るだけ運用スキルの高いプロに投資を一任し長期的に安定した利回りを得るという保守的な投資家が多い傾向にあります。つまり資産はあるけれども、投資や運用にあまり詳しくはない、また証券会社に預けるのも躊躇する様な慎重な投資家が多いというのがラップ口座の顧客対象となる訳です。みずほ銀行だけでなく銀行にはこういった資産家はすでに顧客に持っている訳ですから、ラップ口座市場においては大変理想的な状況にあるといえるでしょう。ここが、銀行がラップ口座市場に参入する一番の強みなのです。また銀行ならではの資産管理能力を全面的に押し出す事によって、証券会社とのスキルの差を大きく埋める事が可能です。つまり銀行のラップ口座の参入は、証券会社にとっては大きなライバルの登場となる事は必須といえるでしょう。こういった競合を活かして、うまくラップ口座を活用していく事が投資家の方々の今後の課題といえるでしょう。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (2)


ラップ口座の関連記事

ラップ口座に関する記事

ヘッジファンド情報

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする