トップ >  初心者の為のラップ口座 >  ラップ口座における人気のランキング

ラップ口座における人気のランキング

ラップ口座の口座を開設する前に


ラップ口座は近年人気のある投資商品として注目されている商品ですが、最低預入金額が高めに設定されており、敷居の高いものとされていました。最近では最低預入金額も低く設定している金融機関も多くなり幅広い顧客のニーズに対応されるようになりさらに市場が活性化しています。最低預入金額が低く設定されているとはいえ、他の投資商品に比べるとやはり大きな資本が必要となる投資商品です。その為ラップ口座を一度開設すると、長期的菜運用を行う事が殆どです。しかしラップ口座の資産運用法は分散投資などの資産運用を行っていく為、リスクが付いて回ります。ですからラップ口座を開設する際には、充分どの金融機関の口座を選ぶのかというところがとても重要なポイントになる訳です。

ラインキングの上位の人気企業から選出


ラップ口座の開設には、口座を開設する企業を選ぶ事が大変重要なポイントとなる訳ですが、後々に後悔しなう口座選びを行っていかなければいけません。選び方もどうすればよいのかという方も多いかと思いますが、ラップ口座を選出する手助けとなるのが、様々なサイトの人気ランキングで上位の金融機関をチェックしておくという事です。ただ、注意する点はあくまでも選出の際の手助けとして活用する事です。というのも、資産運用は人それぞれですから、金融機関の特徴によって自分の資産運用に適しているかどうかが異なってくるからです。人気があるという事は確かに何かしらの理由がある訳ですが、やはり一度しっかりと内容をチェックする必要があります。

上位に位置づけしているラップ口座


ここ数年でのラップ口座の資産残高のトップの座を有しているのは大和證券です。近年までは日興コーディアルも方を並べていましたが、大和證券の最低預入金額の設定を500万円にした商品を提供した事が、さらに人気の後押しをした形となりました。今では大和證券が主意を独創という形になっています。ここ最近後を追ってきているのが、野村證券です。ここずっと契約件数がかなり伸びてきているのは、サービスの内容によるものでしょう。

今後注目されると予想するラップ口座


大和證券や日興コーディアル、野村證券の後続となっているのがSMBCフレンド證券でしょう。契約件数はもちろんの事講座残高も確実に増加しています。今後大きく期待できるラップ口座の一つと言えるのではないでしょうか。日興コーディアル証券は大和證券の後を追っている證券会社でしたが、近年ではファンドラップに力を入れている傾向にありサービスの一本化により充実した資産運用を期待出来る證券会社です。その他にも銀行のラップ口座も充実したサービスを提供しており、ますます目が離せないラップ口座市場となっています。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (3)


ラップ口座の関連記事

ラップ口座に関する記事

ヘッジファンド情報

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする