トップ >  初心者の為のラップ口座 >  証券会社ごとの比較

証券会社ごとの比較

ラップ口座を選ぶときに


資産運用を考えた時に、ラップ口座の投資を考えているのであれば、いくつかの証券会社が提供しているラップ口座の内容を色々と比較検討することをオススメします。それというのも、ラップ口座を取り扱っている企業ごとで、提供しているサービスが大きく異なるからです。ラップ口座は、比較的新しい投資法で2004年の4月の証券取引法等の改正後にスタートした投資スタイルなのです。この為、証券会社によって取り扱う内容がかなり異なりサービスに違いが生じているのです。こういった事から、自分の資産運用スタイルに合わせたラップ口座を充分に比較検討する必要があるのです。

ラップ口座の最低預入金の確認


日本でのラップ口座という投資スタイルは、大口の資産運用に限られているというのが、現状です。必ずしも大口だけという事ではないのですが、殆どが大口の資産運用に用いられています。確かに新しい資産運用法で馴染みが少ないものでしたので、あまり一般的な資産運用と言えなかったというところがあるので、これは仕方ないのかもしれません。しかし近年では、ラップ口座も徐々に注目され人気を集めているため、最低図家入れ金額も比較的に手頃な金額から活用できるようになっている傾向にあります。とはいえ、最低預入金額が1000万円というところが殆どで、やはり敷居の高い資産運用法と言えるかもしれません。

ラップ口座の投資先を確認


日本でラップ口座がまだ浸透していない初期の頃は、投資ラップとも呼ばれている資産運用で、投資信託限定となっていました。近年ではラップ口座の運用法として投資先もファンドや株式、債券や海外ファンドまでかなり幅広く投資法を広げているところが殆どです。これもラップ口座の、人気が高まりシェアが伸びてきた事もあるのでしょう。ただ、ラップ口座を行っている企業で、それぞれが行っている内容に大きな違いがありますので、資産運用の方法もキチンと事前に確認し自分のニーズにあった運用を行ってくれる企業を探す事が大事です。

一任型か、アドバイス型か


ラップ口座とは、証券会社等の金融機関に資産を預けて一任する資産運用が一般的な形となっています。しかしながらラップ口座が誕生してまだ日が浅いため金融業者でも内容は大きく異なり、定まっていないといった傾向にあります。この為、一任ではなく資産運用について関与したい、もしくは最終的に自分で判断したいといった方には運用方法の提案を受けて実践を行っていくといった形を選ぶ事も可能です。しかしこれには、取り扱っている金融企業と取り扱っていない企業とがありますので、ラップ口座を始める前に一度良く確認することが大事です.


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (1)


ラップ口座の関連記事

ラップ口座に関する記事

ヘッジファンド情報

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする