トップ >  初心者の為のラップ口座 >  日興コーディアルが提供するラップ口座

日興コーディアルが提供するラップ口座

日興コーディアルのラップ口座


日興コーディアルが提供するラップ口座は、大和證券と共に国内でのトップと言われています。日興コーディアル証券のラップ口座が人気を集めているのは、やはり融通の利くラップ口座を運用する事が出来るという面でしょう。投資に詳しい人にも好まれているのが日興コーディアル証券のラップ口座です。日興コーディアル証券では二つの種類のラップ口座を提供していますので、幅広く顧客のニーズに応えることが出来るのです。

日興ファンドラップ一任型とは


日興コーディアル証券のファンドラップの中でも最もスタンダードと言えるのが、この日興ファンドラップ一任型といえるでしょう。日興ファンドラップ一任型は日興SMAとも呼ばれているのですが、SMAつまりSeparately Managed Accountの基本をしっかりと押さえているサービスを提供しています。基本的にコンサルティングを行い、さらに顧客のニーズに応える投資手法をしっかりと把握していく事から始めていきます。このコンサルティングでは顧客と投資対象との相性も含めたコンサルティングとなっており、長期的に投資を見据えていく必要のあるラップ口座に関して欠かせないサービスといえるでしょう。日興ファンドラップ一任型では、オーダーメイドの投資一任運用を可能にする商品といえるでしょう。

日興SMAグローバルポートとは


日興SMAグローバルポートは日興コーディアル証券が提供するもう一つのラップ口座ですが、これはより苦労とごのみの商品といえるでしょう。全くの一任型ともいえる日興ファンドラップ一任型とは違い、顧客の投資方針やリスク管理に関する意識を充分に取り入れ、顧客の資産運用のニーズにあったポートフォリオを実現しているラップ口座となっています。日光SMAグローバルポートでは、国際分散投資を軸にしてポートフォリオが組まれていきます。その他にも日本株式にも重点を置くといったオプションもあります。こういったオプション性の高さがSMAグローバルポートの特徴といえます。名前の通りにグローバルなサービスが提供されていくのがこの日興グローバルポートの魅力なのです。

日興コーディアル証券における運用実績


取引を行う証券会社を選出する際に一番に気になるのが運用実績です。大和證券と並ぶ日本のトップといわれている日興コーディアル証券の運用実績はどうなっているのでしょうか。日興コーディアル証券の運用実績はホームページ上に公開されています。一般的な国際分散投資の運用成果として14年間で約3倍の運用成果があると公表されています。この様な情報でお分かりいただけるかと思いますが、日興コーディアル証券では国際分散投資の安定性を強調しているといえます。もちろん運用成果では具体的な日興コーディア証券の直接のデータにはなりえませんが、国際分散投資に関する判断材料にはなります。いずれにしても日興コーディアル証券では国際分散投資を主軸とした資産運用において期待出来る証券会社という事がわかります。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (2)


ラップ口座の関連記事

ラップ口座に関する記事

ヘッジファンド情報

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする