トップ >  初心者の為のラップ口座 >  節税対策としての有効性はラップ口座にあるのか

節税対策としての有効性はラップ口座にあるのか

ラップ口座は節税対策になりうるのか


日本国内に居住している限りは、どの様な投資においても課税対象となります。投資対象は国際分散投資であっても、オフショア銀行で口座を開設していたとしても、そこで得た利益はすべて課税対象となるのです。もちろんこれはラップ口座に関してもいえる事であり、ラップ口座で得た利益は課税対象になります。海外に設立したオフショア法人や居住地を構える等をして投資をすすけていかなければ、節税対策にはなり得ません。つまりラップ口座は節税対策として特に優れている商品とはいえない事になります。

米国のラップ口座とオフショア法人で節税対策


しかりとした資産があるという方にとっては、ラップ口座を日本で行っていくよりも、オフショア法人を海外に設立し、アメリカ等のラップ口座を利用するといった運用を行っていく方が、節税効果としては効果的といえるでしょう。日本におけるラップ興亜は、まだまだ成長段階といえる投資商品となっています。一方アメリカでのラップ口座は、バラエティにとんだ商品が大変多く用意されています。そもそもラップ口座の顧客対象は、莫大な資産を安定した利回りでプロの手によって運用してもらいたいといった保守的な方が多い傾向にあります。こういった点を考慮するのであれば、多くの資産を利用してオフショア法人を設立し海外にて投資し管理していくといった方法をとったほうが節税にも効果があるといえるでしょう。

オフショア法人の設立について


海内でのラップ口座を活用して資産運用を考えているのであれば、やはり国際的な投資を実施していくスタイルとなる訳ですから、オフショア法人を設立してラップ口座の運用を行うことが得策といえるでしょう。オフショア法人を設立する際には、海外投資に関するエージェントを見つけることが必要です。この際に災害のラップ口座の活用を考慮し、それらのサポートに関して総合的に行ってくれるエージェントを見つける事をオススメします。優秀なエージェントを探す事が、オフショア法人を設立する重要なポイントとなります。

日本におけるラップ口座の開設と節税


この様な事でお分かりいただけるかと思いますが、いずれにしても日本国内でのラップ口座の開設は節税対策として有効的な対策とは言いがたいものがあります。ただ、他の投資商品と比較するとラップ口座の手数料は高めに設定されているという事から、確定申告の際には経費をしっかりと計上していく事で、節税に繋がっていきます。投資商品で得た利益では確定申告をする事が義務付けられていますので、それらをうまく活用して節税対策を行っていきましょう。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (2)


ラップ口座の関連記事

ラップ口座に関する記事

ヘッジファンド情報

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする