トップ >  初心者の為のラップ口座 >  プライベートバンクとラップ口座の違い

プライベートバンクとラップ口座の違い

ラップ口座とプライベートバンク


富裕層をターゲットとしたプライベートバンクは海外ではかなりメジャーなものとなっている商品です。最近ではラップ口座が国内で成長と発展を遂げている事もあり、あえて海外でプライベートバンクを利用しなくてもよいのではといった見解もある様です。運用担当者との面談における意思の疎通などを考慮するとラップ口座に軍配が上がるかとも思われますが、プライベートバンクにも独特のメリットがありますので、一概にどちらが良いとは判断しかねる所ではあります。プライベートバンクとラップ口座を同様のものと捉えていると判断もつきにくいかとは思います。しっかりと違いを把握しておく事で、自分の資産運用に適しているのかが見えてくるでしょう。

プライベートバンクは投資一任勘定


ラップ口座での投資スタイルにもありますが、プライベートバンクでも投資一任勘定が行われ運用されます。もちろんプライベートバンクでも国際分散投資で運用されていくわけですが、日本で提供されているラップ口座と違い、最低預入金額が高額に設定されているものが殆どです。ただプライベートバンクの歴史は古く一貫したサービスとコンサルタント業務には定評があります。プライベートバンクでは相続財産を守るといった目的で活用しているという資産家も多い為、保全面では申し分のない商品と言えます。さらに銀行や証券会社のような特性もかね揃えているのですから、やはり多くの資産家達にとっては魅力的な商品といえるでしょう。

身近なラップ口座とプライベートバンク


プライベートバンクではやはり多くの魅力をかね揃えた商品とはなっていますが、最低預入金額や言語等のコンサルタント的な問題から敷居の高い投資商品といえるでしょう。その点ではラップ口座はより身近な投資商品としては魅力のある商品となっています。また近年の人気に伴い、投資として運用する方向に力が入っていますので、投資商品としては魅力のある商品と考えられます。ただ国内におけるラップ口座の運用には手数料のコストを考慮すると、長期的菜運用目的としてはプライベートバンクのほうに利点があるといえます。敷居の高いプライベートバンクというイメージがありますが、手数料に関しては約2%程度から見つける事が可能となっているのです。ラップ口座では平均して4%から5%、さらに成功報酬生徒併用しているケースであれば、さらに高い手数料がつく事になりますので、20年以上の規模で見ていくと大きな違いが出るのは明らかです。さらに似たような形の商品ではポートフォリオボンドも資産運用法として候補に挙がります。それぞれにメリットやデメリットがありますので、一概にこれがよいと断言は出来ません。まず自分の資産運用スタイルを見出す事が、判断基準となるのです。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (3)


ラップ口座の関連記事

ラップ口座に関する記事

ヘッジファンド情報

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする