トップ >  初心者の為のラップ口座 >  ラップ口座の目標利回りについて

ラップ口座の目標利回りについて

投資と利回りの基準


投資については、短期的利回りと長期的利回りの二つの基準をみていく必要があるといえます。投資商品は様々なものがあり、短期で結果が出るものや、長い目でみて結果を出していくものとがあるからです。ラップ口座においては様々な投資を行っていくといった分散投資を行い資産運用を行っていく商品には、やはり年単位での見通しをもってみていかなければ、結果を見出せない傾向があります。ラップ口座は安定した資産運用であるがゆえに、長期的利回りで結果を見据えていく必要があると言えるでしょう。

目標利回りの設定の重要さ


ラップ口座に限らずすべての投資においていえる事ですが、目標利回りの設定は資産運用に関しては重要なものとなります。目標利回りが高い程に、リスクも大きくなっていきます。また利回りの設定を行う事で、運用担当者の手法に変化を与えるものとなるのです。こういった事から、ラップ口座では特に目標利回りをどう設定していくかが今後の運用に大きく関係してくる事項となってくるのです。もちろんあくまで目標ですから、その利回りが保証されるわけではありませんので、しっかりと現実的な見解で設定する必要があります。

目標利回りと実質の利回りの差


通常の投資における実際の利回りは年利9%前後が評価できる基準と考えている方が殆どのようです。この数値はかなり現実的であるといえます。それ以上の年利を追求しても、その分リスクも高くなる訳ですから、損失の回避が出来ず実質の年利では結局のところ9%から10%に落ち着くというのが殆どです。この様なことも考慮して現実的菜目標利回りを設定していく事が、一番無難な運用といえます。ラップ口座では扱う資産いついても規模が大きくなります。また近年の世界的不況を考えると出来るだけ高いリスクは回避したほうが、安全に運用していく事が出来ます。

現実的な投資が一番の成功への近道


どの様な投資にもリスクは付いて回ります。投資の危険性は自己の貪欲さによるものとも言われていますが、やはり欲に負けリスクの高い商品に手を出してしまう事で、結局損失を回避する事が出来ずに大きな損益を出してしまう結果になってしまうのです。投資を行っていく際にはこの様な事をしっかりと頭に入れておく必要があります。安定した運用といわれているラップ口座に関しても同じ事が言えます。投資はいくらリスクが低いとはいえ、ビジネスである事に変わりはありません。投資に関しては常に現実的な見解を持つ事が重要なのです。現実的な投資こそが、多くの利益を生む成功への一番の近道なのです。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (2)


ラップ口座の関連記事

ラップ口座に関する記事

ヘッジファンド情報

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする