トップ >  初心者の為のラップ口座 >  運用成績をしっかりと確認

運用成績をしっかりと確認

運用成績とリスク管理について


投資スタイルや資産の運用法などを担当者に一任して行っていく、ラップ口座やヘッジファンド等はリスク管理が行いにくいと言われています。自分の判断で運用を行っていくのではなく、担当に一任しての投資になりますから、当然と言えば当然ともいえるでしょう。ラップ口座等の資産運用では、担当のアドバイザーのスキルが大変重要となります。この様な事から、ラップ口座を始める際には最初の証券会社やアドバイザーを選ぶときが一番重要な判断を行うときになる訳です。この時に判断材料となるのが、運用実績なのです。運用実績をしっかりと確認する事がとても重要なのです。

運用実績とラップ口座の関係


運用実績は、外貨投資を始める際には企業を見極める大変重要な資料となります。ヘッジファンド等では年度ごとで運用実績を資料として配布していますので、それらの資料を閲覧する事が可能となっています。ただラップ口座に関しては日本で誕生してまだ日が浅い事もあるのでしょう、こういった運用実績を顧客に対して配布するといったサービスを企業によっては行っていないというところがあるのが現状です。つまりラップ口座に関してはすべての企業ではっきりとした運用実績を閲覧する事が出来ないという事です。ラップ口座が発展していくにあたり、この様な運用実績の提示等のサービスが充実していく事が今からのラップ口座の成長に繋がっていくのではないでしょうか。

運用担当者と面識を持ち運用を


この様にラップ口座に関する資料で、企業を比較する対象が少ない事実があります。これではどうやって企業を選出すればいいのかわからないといった方も多いのではないでしょうか。ラップ口座を始めるに当たってやはり重要なのは、運用担当者としっかりと面識を持つ事です。ラップ口座を始めるにあたって、面倒でも運用担当者と面積を持ち様々な企業に対する情報を得ていく事が、リスク管理にも繋がっていくのです。ラップ口座を開設するに当たっての最低金額は大きいので、一度ここと決めた証券会社から変更すると言ったことはよほどの事がない限り殆どないかと思います。その為、何回も面談して運用担当者との面識を持ち、証券会社のカラーをうまく引き出し情報として得ることが重要なのです。

今後の運用実績に対しての展望


ラップ口座が誕生したのは、2004年の4月の金融業会の規制緩和からです。まだまだ投資商品としては、成長段階といえるものではありますが、近年の注目度や人気を見てみると将来の成長が有望視されているのは確かです。今後ラップ口座に対してのサー日津はどんどんと拡大していく事は明らかです。もちろん顧客を多く掴むためにニーズにあったサービスがどんどんと展開されていくでしょうから、期待の大きい金融商品といえます。運用実績の提示等のサービスはもちろんの事、様々なニーズに応えたサービスはこれからどんどんと増えていく商品です。こういった情報をしっかりと漏らさず入手する事が大変重要といえるでしょう。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (1)


ラップ口座の関連記事

ラップ口座に関する記事

ヘッジファンド情報

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする