トップ >  初心者の為のラップ口座 >  野村證券と分散投資の魅力

野村證券と分散投資の魅力

野村ファンドのラップ口座


ラップ口座は近年、注目を集め人気を呼んでいる金融商品です。ラップ口座が誕生してまだ間もないのですが、いくつかの証券口座で取り扱いを行っており、どの証券会社でラップ口座を開設するかという幅も広がってきました。野村證券の提供している野村ファンドラップは中でも大変人気の高い商品となっています。野村證券といえば日本でも大手の証券会社として知られています。ラップ口座は取り扱いの最低金額も大きく富裕層に向けての商品と捉えがちでしたが、野村ファンドラップでは、多くの投資家達に向けてラップ口座をより身近なものとして扱える商品提供を行っています。

野村ファンドが提供する2つのプラン


野村ファンドのラップ口座は、主なものとしてバリュープログラムとプレミアムプログラムの二つの商品が提供されています。バリュープログラムでは、最低預入金額が500万円となっていますから、一般的なラップ口座の最低預入金額と比較すると身近な金融商品といえる金額でしょう。ラップ口座が誕生した当初は億単位での預入が条件とされているところも多かった事を考えると、かなり画期的といえるのではないでしょうか。プレミアムプログラムでは、最低預け入れ金額が1000万円の商品となっています。プレミアムと銘うっているだけあり、中身がかなり充実した内容となっています。安定した人気を誇る商品といえるでしょう。どちらのラップ口座にするかと迷う方も多いかと思いますが、直接運用担当者と面談する機会でもありますので、直接問い合わせをしてみるとよいでしょう。ニーズにあった商品をアドバイスしてもらえます。

金融商品の国産分散投資の魅力


分散投資では、資産運用でのリスク回避に繋がります。近年の世界的不況の中での資産運用では、リスクも大きくなりがちです。この様な時代には、一つに偏った資産運用ではなく分散投資を行う事で、リスクを出来るだけ回避する様に心がけている投資家の方々は多くいらっしゃいます。上手に振り分けて資産を運用していく事で、確実な利益を追求する事が出来ます。個人でこの様な分散投資を行っていくには時間的なものやスキルにも限界がありますが、野村證券ではこの様な国際分散投資に関してのスキルを身につけている運用担当者が、資産運用を行ってくれています。野村ファンドラップでは二つのプランともこの国際分散投資を含めたサービスを提供しているという事も、野村ファンドラップの人気に繋がっているのです。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (3)


ラップ口座の関連記事

ラップ口座に関する記事

ヘッジファンド情報

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする