トップ >  初心者の為のラップ口座 >  その他の投資手法を手数料で比較してみよう

その他の投資手法を手数料で比較してみよう

投資に必要なコスト手数料


証券会社やFXの企業に口座開設を行うと自宅にいながらにして、投資によって資産運用を行うことが可能となっています。この様に自宅にいながらにして投資取引が行えるのは、証券会社などの金融機関に手数料を支払い、それによって運用を行う事が出来るからなのです。どの様な金融機関においても、手数料というコストは発生します。FXでは手数料がない様な感覚ではありますが、キチンと売買手数料がFX企業と顧客との間で発生しています。この手数料というコストを頭に入れておかなければ、せっかく利益が上がっても手数料を差し引きすると元本割れを起こすといった事にもなりかねないのです。投資取引を行う際に取引を行う金融機関を探すわけですが、こういった手数料のコストもしっかりと把握しておく必要があるのです。

証券会社のラップ口座についての手数料


近年、注目を集めているラップ口座にももちろん手数料は発生します。一般的にラップ口座の手数料は高めに設定されていると言われていますが、ラップ口座の商品としての内容を考えると妥当な手数料ではないかとも言われています。口座残高に合わせて手数料が決定しますので、最低預け入れ金額の大きいラップ口座ですから、一般的な金融商品に比べると高額になるのにも頷けます。またラップ口座は、投資方法を一任して預けた資産の運用と管理を行うのですから、様々な分野のスキルを持った運用担当者がありとあらゆる運用法を提示してくれる訳ですから、どうしても比較すれば割高な手数料となってしまうのです。この様なことを考えると、一概に割高な手数料とは言えない商品といえます。

手数料に見合うラップ口座のサービス


証券会社のラップ口座は、預かった資産を包み込むように守り運用していくといった趣旨の金融商品です。資産運用のアドバイスはもちろん、管理や様々な分散投資を行って顧客の資産を守っていく訳です。この為ラップ口座の手数料は一般的な金融商品と比べると割高な手数料となっています。しかしながら、運用担当者が顧問となりアドバイスを行っていくコンサルタント料や、管理費等ももちろんこの手数料の中に含まれているわけですから、サービスを考えると納得の出来るものではないかと思います。運用担当者は様々な分野に長けているスキルや情報を持った方が付くわけですから、一般的な投資家では出来ないような手法で資産運用を行ってくれるのですから、安い手数料と考える方も多いのです。手数料が高い分、行き届いた顧客にあったサービスを展開してくれるのが、ラップ口座の特徴とも言えるでしょう。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (1)


ラップ口座の関連記事

ラップ口座に関する記事

ヘッジファンド情報

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする