トップ >  初心者の為のラップ口座 >  新しいスタイル、SMAの導入

新しいスタイル、SMAの導入

規制緩和でスタート、SMA


2004年4月の金融業界での規制緩和によってかなり、国内でも投資における分野は発展してきましたが、それまでの日本では海外に比べると閉鎖的な傾向があり、どちらかと言え赤い害よりも出遅れているといった感が強くありました。しかしこの規制緩和によってあらゆる投資分野が発展をしており、投資も様々なターゲットへと広がり展開していったのです。規制緩和によって切り開かれた分野は様々ありますが、代表的なものにはSMAがあげられるのではないでしょうか。SMAとはSeparately Managed Accountを指します。SMAではピンとこないかもしれませんが、ラップ口座といえば、ご存知の方も多いのではないでしょうか。このSMAは本来アメリカで始まったサービスで、日本でのラップ口座はこのSMAがさらに進化したサービス内容を提供しています。規制緩和によって誕生したSMA、ラップ口座は近年大変注目されている投資サービスです。


めまぐるしく発展したSMA


ラップ口座という部類のサービスは元々日本にももちろんありましたが、その当時は、資産運用の手法として投資信託のみと限られていました。その為東晋ラップとも呼ばれていました。しかしこの答申ラップはやはり現在のSMAのサービスとは違い、一部の顧客のみをターゲットとしている商品でした。これは日本での規制が厳しかった為に、幅広いサービスを提供する段階に到達出来なかったという事があげられます。2004年4月の金融業界における規制緩和は、この様なサービスが発展途上であった金融投資商品を、画期的に発展させていくものであったという訳です。

SMAの今後のサービス展開と活用法


元々SMAとはアメリカが発祥のサービスですが、日本でも近年とても画期的に発展し人気を集めている商品となっています。金融業界の規制緩和によって誕生したSMAといったスタイルの投資法であるラップ口座は、今後大変期待されている当市分野であるといえます。証券会社によって、まだまだ統一したサービスは見出されていませんが、これからはどんどんと取り扱いのサービスが向上していく傾向にあります。また最低預け入れ金額が高額と言う事も今後の発展の大きな課題ともいえるでしょう。様々な投資スタイルのスキルを持った運用担当者に一任して、資産管理や運用を行っていくというスタイルのSAM、ラップ口座では今後大きく展開を広げていく分野と言えるでしょう。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (3)


ラップ口座の関連記事

ラップ口座に関する記事

ヘッジファンド情報

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする