トップ >  初心者の為のラップ口座 >  ラップ口座の税金に関して

ラップ口座の税金に関して

ラップ口座の確定申告


ラップ口座に限らず、利益をあげた投資商品に関しては必ず確定申告を行う必要があります。投資商品に関しての確定申告の方法はそれぞれ異なる場合が多いので、必ず事前にチェックする必要があります。ラップ口座の確定申告では、特に費用として計算をする手数料については経費として申告を行わなければいけません。利益の中から必要経費を差し引いて算出する事で、課税対象額がはっきりとします。正しく計算を行う為にも、事前に何が必要書類なのか、どういった事を記入するのか等を調べておきましょう。

ラップ口座は何税?


ラップ口座に関しては他の金融商品と違い、分散投資等を一任して行っているわけですから、どの様な投資を行っているのかという、細かい分類はわかりにくい投資商品となっています。その為だれしも悩むかと思います。ラップ口座は、どの税金の課税対象となるのでしょうか。税務署では様々な投資商品の税金について、どの税金に値するのかということが、明確にされています。ラップ口座でももちろん税金面においての明確な指針があります。税務署で提示されている、ラップ口座の判断材料としては、形式基準と実質基準との二つがあるといえるでしょう。

形式基準って何?


ラップ口座における形式基準とは、口座で保有している上場株式の期間に関係するものです。保有期間が1年以下であるかどうかが、判断の基準となるようです。つまり株式での取引が頻繁に活動的に行われているか否かという点が基準となっているのです。これは殆どのラップ口座に当てはまるものです。通常のラップ口座では運用担当者が利回りを明確にする為に様々な売買を行っていき資産を運用していくのですから、殆どのラップ口座は形式基準という事がいえるでしょう。

実質基準って何?


実質基準とは、営利目的で取引が行われているかという点が判断基準となっている様です。もちろん利益を得る為にラップ口座を開設しているわけですから、これもラップ口座の中に当てはまる判断材料となります。実質基準と形式基準のどちらかに分類されているラップ口座の場合には、雑所得として申告を行っていきます。ただこの二つの判断材料に当てはまらないラップ口座については、譲渡所得に分類されてしまうので、軽視で控除できるものにもかなり違いが生じてきます。形式基準と実質基準の二つのどちらかに分類されるのか否かで、税金の申告も大きく異なってきますので、注意しておかなければいけません。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (3)


ラップ口座の関連記事

ラップ口座に関する記事

ヘッジファンド情報

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする