トップ >  初心者の為の富裕層 >  日本における富裕層の動き

日本における富裕層の動き

日本で増加する富裕層


近年の日本における富裕層の増加はめまぐるしく、日本野富裕層は147.7万人と増加をたどっています。この数字は全世界規模で見てもアメリカについで第2位をキープしておりアジア全体の富裕層の6割を占めるものとなっています。これはアメリカの大手証券会社メリルリンチ等が発表したワールド・ウェルス・レポートによるものです。このメリルリンチ等が定義している富裕層は、居住用不動産を除いた純金融資産が100万ドル以上とされており、超富裕層においては3000万ドル以上の純金融資産を所持していると定義つけられています。

日本での富裕層の増加の原因は?



近年の日本における富裕層の増加は世界規模で見ても大きな変化があるとお分かりいただけるかと思います。ではどうしてこれほどまでに日本での富裕層が増加したのでしょうか。これはやはり、株式の新規公開IPOやM&Aが積極的に行われてきたという事があげられるでしょう。第一生命経済研究所では、近年の富裕層拡大に伴い企業による会社役員の報酬がアップした事や、金融業会における規制緩和により個人投資家が増加した事などもあげられるでしょう。

富裕層によって増える消費


日本における富裕層の消費総額は10兆円に達すると言う統計が2006年に出ています。2002年の8兆円弱から比較すると30%以上の消費増加となっている訳です。これは2005年の株価上昇による資産価値の増大も大きく影響しているかと思いますが、これによって高級品を中心とした消費が富裕層の間で火が付いたといっても良いかもしれません。この消費拡大の火付け役はまさにニューリッチといわれる新富裕層による力は大きいかと思います。近年では世界的不況といわれる中でも、富裕層での消費増加は目を見張るものがあります。まさに格差社会時代に突入したと言えるのではないでしょうか。

日本における富裕層について


近年の日本での富裕層の増加は目を見張るものがありますが、日本における富裕層にはどういった職業の方が多いのでしょうか。日本で富裕層と言われる方々の職業で多いのは、中小企業のオーナーをはじめ、医師や弁護士、宗教関係者等と言われています。いずれにしても首都圏を中心に動いている方が多く、日本での富裕層の約半数は東京に在住していると言われています。

ニューリッチとオールドリッチの違いとは何か?


日本における冬ウソウン消費に一役買っているのは、やはりニューリッチと呼ばれる一代で財を成した新富裕層と言われています。これまでの富裕層を作ってきた代々からの財産を受け継いできたオールドリッチと呼ばれる富裕層とは違い、資産の運用や拡大を意欲的に行っているのがニューリッチと呼ばれる新富裕層なのです。守りを常に考えているオールドリッチと、攻めを常に考えているニューリッチと財産に対する根本的な違いも背景にあるかと思います。近年増え続けている富裕層にはこのニューリッチと呼ばれる富裕層が多く、近年では様々な論評や飛翔がなされています。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (1)


ヘッジファンド情報

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする