トップ >  初心者の為の富裕層 >  中国における富裕層

中国における富裕層

年々増加傾向にある、中国の富裕層


大手デパート等で聞こえるアナウンスが近年変わっている事にお気づきでしょうか。日本語や英語のアナウンスに続いて、中国語のアナウンスが多く聞かれるようになっています。これは大手デパートで買い物をする、中国人観光客に向けてのアナウンスです。つまりそれだけ中国人海外旅行客が増加しているという事なのです。では中国における富裕層は一体どれだけいるのかという事が気になるところです。中国で100万ドル以上の純記入資産を所持している富裕層の数は、34.5万人にものぼるとメリルリンチによるアジア太平洋地域ウェルス・レポートでは報告されています。同レポートによると香港では8.7万人と言われていますので、合わせてみるとかなりの数の富裕層が存在している事がわかります。

日本よりも多い金融資産額


富裕層が持つ純金融資産総額は、やはり全体の40%以上の割合を占めている日本がダントツトップといえます。世界で比較してもアメリカに次ぐ世界第2位の座を有しているだけあります。一方、金融資産総額に関しての世界第2位をキープしているのは34.5万人の富裕層を抱えている中国なのです。世界的にみても20%もの金融資産総額を持つ中国が第2位なのです。つまり個人が所有する純金融資産総額は日本よりも中国の富裕層が大きいという事がお分かりいただけるかと思います。

中国は超富裕層が多い国


中国では個人が所有する純金融資産総額が日本での富裕層よりも大きい事がお分かりいただけたかと思います。3000万ドル以上の金融起算総額を所有している人口を比較してみても良くわかるのですが、超富裕層と言われる人口は実は中国と日本はほぼ同数となっているのです。また香港の富裕層の数を加えると日本での超富裕層の数をしのぐ数が存在するのです。中国での富裕層は今もなお拡大しており、ビジネスの対象として見込める数は1億人に近づいていると言われているのです。日本へ訪れる海外旅行者が急増している事の裏づけとも言えるでしょう。

中国版富裕層向け会員制雑誌


日本で発行されている富裕層向けの会員制雑誌をご存知でしょうか。この富裕層向け会員制雑誌ナイルポートから誕生したのが、富裕層向けウェブマガジン&完全審査制のソーシャル・ネットワーキング・サービス、ナイルポートです。このナイルポートは富裕層に特化したライフスタイルの様々な情報を取り扱っており。雑誌にいたっては創刊13年を迎えています。このナイルポートが近年の中国の富裕層増加に目をつけないはずがありません。中国版ナイルポートをリリースし、中国での富裕層マーケティングに取り組んでいます。

日本発信のプレミアム商品やサービスの情報


この中国版ナイルポートではもちろん、中国の富裕層をターゲットとして情報を発信しています。なかでも年間100万人を突破する勢いで急増している、観光と買い物を目的として訪日している中国の富裕層にむけて情報提供を行っているのです。銀座や六本木はもちろん、秋葉原などにおけるグルメやジュエリー、ファッション等といった買い物情報を主に提供しています。このナイルポートの情報提供の背景には、中国人の富裕層が本格的に富裕層ビジネスのターゲットとして、注目されている事が伺えるかと思います。
提供:Wealth Research&Report


ヘッジファンド情報

世帯年収が子供の運動能力を決める?

おすすめ:世帯年収が子供の運動能力を決める? 中央区、目黒区強し 世帯年収が高い家の子供は、そうでない子供よりも運動能力が高いのか。・・・

「ただの一発屋の成金」なのか、年収3000万円

おすすめ:「ただの一発屋の成金」なのか 30代で年収3000万円を実現する(12) 「収入を維持するために心がけていること」  これまで私は30代で年収3000万・・・

全都道府県年収1000万円比率

おすすめ:全都道府県の年収1000万円比率、東日本大震災で進んだ沖縄移住? 国税庁がこのほど発表した、2012年分の確定申告者の納税状況で、ゆかしメディアは、全国・・・

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする


YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)とは