トップ >  初心者の為の富裕層 >  富裕層向けのクレジットカードとは

富裕層向けのクレジットカードとは

ゴールドカードのステイタス


クレジットカード会社が富裕層を対象としたカードを発行しているのは皆さんご存知でしょう。1980年代に登場したアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの誕生には、そのカードのもつステイタスに皆が憧れと賞賛を送ったものでした。持っているだけでその人のステイタスが上がるといったイメージのあるカードだったかと思います。しかし近年では類似したカードが様々出回っている事や、資格条件について審査が甘いカード等も存在する為ゴールドカードの価値観は低下してきました。この様な背景から、近年では富裕層に向けたクレジットカードはプラチナカードやブラックカードの誕生にとって変わる事になったのです。

プラチナカードについて


ゴールドカードのステイタスの低下に伴い。富裕層に向けて新しく誕生したのがプラチナカードです。ゴールドカード以上の付加価値を持って富裕層向けにアメリカン・エキスプレスより発行されました。もちろん入会審査が厳しくインビテーションを受けなければ入会できないといった所がまさに富裕層向けのステイタスをもったカードといえるでしょう。しかし近年ではその他の富裕層向けに作られたカードに押され、申請によって取得できるという気軽さもありゴールドカードと同様にステイタスが低くなっているのが現状です。

富裕層に向けた究極のカード、ブラックカード


ゴールドカードやプラチナカードの価値が低下するに伴い、新しい富裕層に向けたクレジットカードとして誕生したのがブラックカードでしょう。このブラックカードにあたるカードを最初に誕生したのが、アメリカン・エキスプレスが発行したセンチュリオンカードです。日本国内においてはダイナースのプレミアムカードが先行して発行されています。アメリカン・エキスプレスのセンチュリオンカードは、公式ホームページにも掲載されておらず、完全招待制のカードとなっています。ブラックカードを所持している富裕層は世界中でも5000名程度と言われているほどの謎めいた、カードとなっています。

何でも替えるブラックカード


現状で富裕層に向けて発行されているステイタスの高いカードといえば、ブラックカードですが、このブラックカードでは「買えないものはない」「戦車でも購入する事が可能だ」という噂が広まっています。もちろん戦車が替えるというのは冗談でしょうが、限度額無制限と言われているブラックカードですから、確かに戦車を購入しようと思えば替えなくはないと言った所でしょうか。この様な噂が飛び交うほどステイタスの高い特別な富裕層向けのクレジットカードといえます。また購入限度額が無制限である事はもちろんですが、その他にも持っているだけで様々なメリットがあると言われているのがブラックカードです。

ブラックカードのコンシェルジュ・サービス


アメリカン・エキスプレスのブラックカード、センチュリオンカードでは、保有しているだけで今シェルジュサービスを受ける事が可能となっています。コンシェルジュ・サービスとは、24時間365日年中無休で様々な顧客の要望にこたえてくれるというものです。旅行やホテル、レストランの手配から、プレミアムチケットの入手等かゆいところに手が届く執事的な役割のサービスを指しています。この様なサービスを特典としてつけているのがブラックカードなのです。もちろん富裕層向けに発行しているカードですから、年会費もかなりの高額なものとなっています。2009年の現在で367500円といった年会費となっていますので、他のカードとは比較出来ないほどの高いステータスを保ったクレジットカードといえるでしょう。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (4)


ヘッジファンド情報

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする