トップ >  初心者の為の富裕層 >  富裕層が行う資産運用

富裕層が行う資産運用

専門家を味方に


富裕層同士の有益な情報交換を行う事で、自分の資産を積極的に増やしている方がたくさんいらっしゃいます。その反面投資の専門家などと交流し資産運用を行っていきたいというニーズを抱えている富裕層の方も多くいらっしゃいます。

プライオリティバンキングって何?


富裕層が資産運用に関するニーズとしてあげている専門家による助言という意見が多くある事に敏感に察知し、各銀行でも富裕層のニーズに対応する様々なサービスを展開しています。イギリスのスタンダードチャータード銀行東京丸の内支店では、富裕層に向けたプライオリティバンキングに重点をおきサービスに努めています。もちろん対象となるターゲットは富裕層となっており、預入資産が2000万円以上の顧客を対象に資産運用のサポートを行っています。店内に設置された資産運用相談室の一つが和室ということでも話題となりました。これがスタンダードチャータード銀行の提唱するプライオリティバンキングなのですが、具体的にはどういった業務を行っているのでしょうか。

資産形成におけるサポート


スタンダードチャータード銀行のホームページ上から引用したものでは、プライオリティバンキングとは、五つ星ホテルのコンシェルジュサービスを手本とした専任担当制のもと、お客様お一人お一人の資産形成をきめ細かくサポートさせていただくサービスとなっています。サービスは感染にオーダーメイドとなっており、外貨預金と投資信託から様々なものを組み合わせて資産運用を行っていきます。また女性の富裕層にも目を向けた細やかなサービスが話題を呼んでいる様です。プライオリティバンキングとは、プライベートバンキングとコンシューマーバンキングの中間に位置するサービスといえるのではないでしょうか。

海外での成功を基盤に日本でスタート


日本で行われていたプライベートバンキングの対象にならない富裕層をターゲットに新たなサービスであるプライオリティバンキングを提案したのがスタンダードチャータード銀行です。スタンダードチャータード銀行ではすでに香港やシンガポールなどの富裕層に向けてこのサービスを展開しており、多くの成功を掴んできました。その実績を基盤に日本での富裕層への取り組みを行っている訳です。実績にともなう自信からくる細やかなサービスには定評があります。もちろんこの様な富裕層に向けてのサービスはスタンダードチャータード銀行だけでなく、その他の金融機関でも様々なサービスを行っています。

新富裕層の向けたサービス


富裕層が資産運用について、専任のコンサルタントを求めていると言うのはお分かりいただけたかと思います。この傾向は代々から資産を受け継いできたオールドリッチと呼ばれる富裕層よりも、ニューリッチと呼ばれる一代で財をなした新富裕層の方に多いニーズといった傾向があります。確かに各金融機関でもニューリッチと呼ばれている富裕層をすべて把握しきっていないという事もありますが、新富裕層の方々は一代で財を成している訳ですから、今まで的確にアドバイスを得る環境になかったという事も背景にあるかと思います。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (2)


ヘッジファンド情報

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする