トップ >  初心者の為の富裕層 >  富裕層のライフスタイル

富裕層のライフスタイル

富裕層のお小遣い


富裕層のライフスタイルについてよく知っているという一般の方はあまりいらっしゃらないかと思います。富裕層の財布~誰も知らないお金の使い方というプレジデント社から発行されえちる書籍の中で富裕層のライフスタイルを垣間見る事が出来る記述が様々あります。富裕層の一ヶ月の小遣いって気になりませんか?この様な興味深い内容が書かれてあります。ちなみに純金融資産が5億円以上である超富裕層の1ヶ月の小遣い平均は、229万円とありました。富裕層の小遣い平均が56万円との事ですから超富裕層の小遣い平均は破格ともいえるでしょう。

富裕層向けのカードの限度額


富裕層向けに発行されているクレジットカードの限度額でも富裕層のライフスタイルを垣間見る事が出来ます。アメックスやダイナースでは利用実績や資産状況に応じて個別に設定されているそうです。大体は利用限度額最大500万円から、利用年数に応じて限度額がアップしていく事が多いようです。ただ富裕層向けのカードでもステイタスの高いとされているブラックカードにおいては、限度額がないという話です。

プライベートジェットの利用


富裕層に向けて旅行業界も様ザなビジネス展開を行っている訳ですが、近畿日本ツーリスト株式会社で2007年に富裕層へ向けて販売されたのが、なんとプライベートジェットで行くラスベガス7日間という旅行プランでした。さすが富裕層向け商品といった所ですが、プライベートジェットをチャーターしてラスベガスまで直行してラスベガスを満喫。その上250㎡もの部屋があるザ・マンション・アット・MGMグランド・ヴィラで宿泊するといった内容でした。この旅行費、見当もつきませんよね。なんと二人で4000万円です。通常は5000万かかるとの事ですが、一般の方にとってはやはり破格の旅行費といえるでしょう。この様な豪華旅行を販売しているのは他にもたくさんあります。それぞれの冬ウソ運向けた商品展開を見ると驚きを隠せません。

富裕層の教育方針


以前の富裕層では教育に関しては、名門私立のエスカレーター式の学校へ行くといったものが殆どでしたが、近年ではこの教育についての方針が色々と変化している様です。もともと富裕層では子弟の教育について大変熱心な方が多いと聞きます。近年では、富裕層のライフスタイルの向上にもよるのでしょうか、国内での名門私立校ではなく、海外での留学を希望する方が急増している様です。欧米のボーディングスクールと言われる寄宿生の中等教育学校が近年注目されていると言われています。

日本の富裕層は今世界へむけて


富裕層の近年の教育方針でも感じとることは出来ますが、今富裕層は世界に目を向け大きくビジネスチャンスを拡大していこうという感が強まっている様です。これは富裕層における子弟の教育を、国内に留めるのではなく世界に通用する学歴を手に入れさせるために、近年では欧米のボーディングスクールでの教育を望んでいるのです。世界に通用する本当の知識と教育を、世界のトップクラスの子弟が集まっているボーディングスクールで学び様々な教養を身につけ手に入れることを臨んでいるという訳です。この様な教育を行っていく事で新たな世界に向けてのビジネスチャンスを掴みとっていくのでしょう。


提供:Wealth Research&Report

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (2)


ヘッジファンド情報

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする